Gスポットの場所と女性の潮吹き 性感エステ 性感オイルマッサージ 女性専用 リフレ

リフレ
性感マッサージ女性専用HOME > 性感コラム > Gスポット > Gスポットの場所と女性の潮吹き

Gスポットの場所と女性の潮吹き

意外と知らない人が多いのがGスポットの場所。Gスポットは、ドイツのエルンスト・グレフェンベルク(Ernst Gräfenberg)にちなんで命名された、恥骨の下にある膣壁前方上部の小さな領域である。さらに場所を特定すると、恥骨の直下にある、女性の尿道海綿体である。一般に膣に中指を全て入れて第二関節を曲げた周辺にある場合が多い。

Gスポットが発見された頃、世間の男たちの間では、まるで宝島を発見したような騒ぎとなったといわれてる。発見したのはアメリカの医師グレーフェンベルグという人だったので、その頭文字を取ってGスポットと名づけられたと言う。

膣というものは、クリトリスとは違って、本来それほど感じるものでは無いのだが、このGスポットはかなり効くという。余談だが、膣内には他に子宮口にも相当感じる箇所があり、俗にPスポットと呼ばれている。

話は戻って、Gスポットに刺激を受け続けると、女性は男性の射精のように液体を激しく噴出することがある。量にして約3cc、70センチほど飛ぶこともある。(僕自身計ったことはないが、かなり飛ぶのは確か。)

噴射する瞬間はすごく気持ちが良いらしく、泣き出しそうな表情に変わって行く。(がまんしていたおしっこを出す時の気分に近く、もっと爽快感を加えた感じとのこと。)

男性は女性のこのような現象を知らなければ、大いに驚くし、おしっこかと思う人もいるだろう。これを俗的には「潮吹き(潮噴き)」と呼んでいる。なるほど、クジラのようだし、うまく命名したものだ。

ただし、すべての女性が「潮吹き」するわけではなく、むしろしない女性の方が多い。5人に1~2人くらいの確率で噴くと言われているが、統計的な裏付けがある訳では無く詳細はよく分かっていない。

なお、男性によってはそのことに無知なため(あるいは興味がないため)に、発見されないまま女性を終えてしまう人もいると言う。

最後に男性諸氏に一言だけ注意を。自分の彼女が潮吹きかどうか非常に興味があるとは思うけど、Gスポットの擦り過ぎはダメ。あまり激しく、しかも長く擦り過ぎると女性が痛がるので、ある程度擦って噴かなかった場合、擦るのは中断するように。どうしても諦め切れない人は、日を改めてチャレンジするのが良いだろう。


性感マッサージ リフレ東京 > 性感コラム > Gスポット > Gスポットの場所と女性の潮吹き

現在の閲覧者数:

性感マッサージ

性感マッサージ
女性専用
リフレ東京


お問合せ

info@refletokyo.com

営業時間
9:00~23:00

東京 神奈川 埼玉 千葉



性感マッサージ 無料体験 女性専用 リフレ東京