男女がオーガズム時の身体の変化 性感エステ 性感オイルマッサージ 女性専用 リフレ

リフレ
性感マッサージ女性専用HOME > 性感コラム > オーガズム > 男女がオーガズム時の身体の変化

男女がオーガズム時の身体の変化

男性でも女性でも、オーガズムの際はさまざまな無意識的な身体反応が起こる。性器の充血、発汗(ただし発汗はオーガズム時よりも少し後れるという観察もある)、発声、下肢の筋肉の硬直、性器周辺の筋肉の痙攣などが一般的には観察される。女性の場合、バルーン現象や膣奥の規則的な収縮が確認できることが多い。

また、オーガズム前後では性器以外の皮膚感覚や視覚・聴覚が鈍くなる。さらに、オーガズム中の脳はθ波と呼ばれる睡眠初期のときに出る脳波で充満した状態となり、ドパミンやセロトニンといった脳内の快楽系神経伝達物質も活性化し、A10神経も反応を強くする。

オーガズム時、足指が開いた状態をバビンスキー反射と言うのは誤解・誤用である、オーガズムを迎えるにあたり膣の奥の方が風船のように膨らむ現象。射精された精液を溜め込むためと言われている。この現象が起きると、挿入している男性側は膣の奥の方が緩くなったような感覚を抱くことが多い。

男性が射精する場合は精嚢の平滑筋が収縮を繰り返すが、それとほぼ同じ間隔で膣奥が収縮を繰り返す現象。ポンプのように動くことから、射精された精液を子宮に送り込むためと言われている。挿入している男性のペニスが膣奥に届く場合は、男性側には確認が可能であるが女性側に自覚はない。



性感マッサージ リフレ東京 > 性感コラム > オーガズム > 男女がオーガズム時の身体の変化

現在の閲覧者数:

性感マッサージ

性感マッサージ
女性専用
リフレ東京


お問合せ

info@refletokyo.com

営業時間
9:00~23:00

東京 神奈川 埼玉 千葉



性感マッサージ 無料体験 女性専用 リフレ東京