オーガズム時の身体の変化 性感エステ 性感オイルマッサージ 女性専用 リフレ

リフレ
性感マッサージ女性専用HOME > 性感コラム > オーガズム > オーガズム時の身体の変化

オーガズム時の身体の変化

語源はラテン語の「オルガルスム」で性交やオナニー、他人による性器への愛撫などにより性感帯を刺激することにより起こる。俗語では「イく」「来る」などともいう。文語では「達する」「果てる」「気を遣る」などと表現されることもある。男性では多くの場合、オーガズム時に射精が起こり、女性では膣口にある括約筋の規則的な収縮などが見られる。

生理的にはくしゃみに似ているとも言われる。オーガズムに伴い陶酔的な幸福感が感じられる。またオーガズムの直前に寂寞感(男性)や恐怖感(女性)を覚える場合もあるとされる。
男女のオーガズムに達するまでの時間の概念的な比較:オーガズムに至るまでの時間は、一般的に男性は短く女性は長い。また、オーガズム後すぐに快感が衰える男性に対し、女性はしばらくの間余韻が残るとされる。これは、男性の場合射精後にプロラクチン(prolactin; 乳腺刺激ホルモン)が放出されるためと考えられている。射精後しばらくのあいだ勃起状態が維持できなくなるのも、血中のプロラクチン濃度が高くなるためである。

男女の性愛において男性の射精後男性の性的興奮が急速に衰える為、その時点で男性が性交渉を中止する場合があるが、女性の方はまだオーガズムに達していないため不満が残ることが多い。これを補うため、女性への労りとして後戯(女性への愛撫や抱擁)がしばしば行われる。

男女ともオーガズムパターンは多く存在し、多くの場合オーガズムの初期レベルは陰茎や陰核(クリトリス)の刺激によって引き起こされ、陰嚢や大陰唇など性器全体に広がる。 男性のオーガズムの場合は射精によるウェットオーガズムと、射精を誘発しない前立腺刺激を主体としたドライオーガズムが存在する。また前立腺ではなくペニスを直接刺激しながらも射精せずに何度でもオーガズムに至る事はマルチプルオーガズムと呼ばれている。 女性の場合はGスポットやPスポットなどと密接な関係がある。

[編集] オーガズム時の身体の変化
男性でも女性でも、オーガズムの際はさまざまな無意識的な身体反応[1]が起こる。性器の充血、発汗(ただし発汗はオーガズム時よりも少し後れるという観察もある)、発声、下肢の筋肉の硬直、性器周辺の筋肉の痙攣などが一般的には観察される。女性の場合、バルーン現象[2]や膣奥の規則的な収縮[3]が確認できることが多い。また、オーガズム前後では性器以外の皮膚感覚や視覚・聴覚が鈍くなる。さらに、オーガズム中の脳はθ波と呼ばれる睡眠初期のときに出る脳波で充満した状態となり、ドパミンやセロトニンといった脳内の快楽系神経伝達物質も活性化し、A10神経も反応を強くする。
[編集] 脚注
[1] オーガズム時、足指が開いた状態をバビンスキー反射と言うのは誤解・誤用である(バビンスキー反射、誤用・誤解の項参照)。
[2] オーガズムを迎えるにあたり膣の奥の方が風船のように膨らむ現象。射精された精液を溜め込むためと言われている。この現象が起きると、挿入している男性側は膣の奥の方が緩くなったような感覚を抱くことが多い。
[3] 男性が射精する場合は精嚢の平滑筋が収縮を繰り返すが、それとほぼ同じ間隔で膣奥が収縮を繰り返す現象。ポンプのように動くことから、射精された精液を子宮に送り込むためと言われている。挿入している男性のペニスが膣奥に届く場合は、男性側には確認が可能であるが女性側に自覚はない。


性感マッサージ リフレ東京 > 性感コラム > オーガズム > オーガズム時の身体の変化

現在の閲覧者数:

性感マッサージ

性感マッサージ
女性専用
リフレ東京


お問合せ

info@refletokyo.com

営業時間
9:00~23:00

東京 神奈川 埼玉 千葉



性感マッサージ 無料体験 女性専用 リフレ東京