女性の性器と性感帯 性感エステ 性感オイルマッサージ 女性専用 リフレ

リフレ
性感マッサージ女性専用HOME > 性感コラム > 性感帯 > 女性の性器と性感帯

女性の性器と性感帯

刺激すると性的な感覚(性感)を感じる箇所を性感帯と呼ぶが、どこがどう感じるかは、個人差が大きいので他人と比較できない。もともと刺激を性的に感知しやすい作りである性器や乳首だけでなく、普段は刺激を性感として受けない背中、首筋、耳、脇の下、脇腹、太股、膝の裏、肛門など全身が性感帯になりうる。これらは脳が性的に興奮している時にだけ、刺激が性感に変換される部位である。
オナニーしながら感覚をやしなってくのは、不感症の予防にも役立つ。オナニーでもセックスでも高い快感を得られるようになることは、性的な欲求不満を抱くことも少ないし、精神衛生上もメリットがある。

女性の性感帯が性感を感じるレベルは、長期に渡って繰り返し刺激することによって開発されてゆく。その経験が積み重ねられることで、脳が「この部分を舐められると気持ち良い」と感覚を学習し、やがては少し触れただけで、身体が条件反射のように反応するようになるのだ。この状態が「感度が良い」って言われるもの。

純粋な性感帯
膣、クリトリス、乳首

連想性感帯
耳、首筋、背中、脇腹、太股、膝、膝の裏、足の裏、尻、指の付け根、恥丘。普段はくすぐったいと感じる部分で、興奮すると快感に変わる。

錯覚性感帯
肛門、会陰。性器につながってて、神経が集中してるので、性器に刺激が与えられたと感じる箇所。


性感マッサージ リフレ東京 > 性感コラム > 性感帯 > 女性の性器と性感帯

現在の閲覧者数:

性感マッサージ

性感マッサージ
女性専用
リフレ東京


お問合せ

info@refletokyo.com

営業時間
9:00~23:00

東京 神奈川 埼玉 千葉



性感マッサージ 無料体験 女性専用 リフレ東京