スローセックスを楽しめる愛撫と体位 性感エステ 性感オイルマッサージ 女性専用 リフレ

リフレ
性感マッサージ女性専用HOME > 性感コラム > スローセックス > スローセックスを楽しめる愛撫と体位

スローセックスを楽しめる愛撫と体位

「スローセックス」が今、注目を集めている。

スローセックスは、「前戯30分、挿入30分」を基本とし、従来のオーガズムを越えた官能の世界へ女性を導いてくれるといわれてる。スローというのは、動きが緩慢というだけではなく、すべての行為を「ゆっくりと」+「たっぷりと」おこなう。
そのためには、いったん射精を忘れて、そのバイアスから生じる時間的制限を解除し、もっと感じさせようと愛撫に夢中にならないといけない。

■スローセックスを楽しめる体位

「対面座位」は、興奮を抑制する副交感神経が優位に立ち、持続力が増すため、スローセックスにうってつけの体位だという。インドの性典カーマスートラでは座位のことを「正常位」と呼び、もっともスタンダードな体位という位置付けにしているそうだ。

一方、悪玉はいわゆる「正常位」。正常位はまさに「射精位」とでも呼ぶべき危険な体位だそうだ。前傾姿勢になるため神経を過敏にする交感神経が優位に立ち、敏感になりやすくなる。腰を自由に動かすにはもってこいなので、「ファーストセックス」のための体位といえる。

この体位は、肌を密着させることができて一体感を得られやすいし、キスなどのコミュニケートもやりやすい。

■スローセックスを楽しめる愛撫

愛撫はテクニック以前に、一つの性感帯にかける愛撫の「所要時間」と全身の性感帯を愛撫していく際の「順番」が重要だという。「あっちをチョコチョコ、こっちをチョコチョコ」と漫然と触っているだけでは、女性の性的快感を敏感にさせられない。一つの性感帯に超ソフトな刺激を3~5分以上継続して与えよう。それを、
1.髪の毛の愛撫
2.顔(顔は性感帯の宝庫)
3.肩から腕
4.指先
5.わき腹を通って腰
6.背中
7.肩甲骨
8.おしり
と、カラダの背面すべての性感帯を愛撫した後、やっとカラダの表面へ移る。表面に移行しても、敏感な乳首シリーズは後にして、最高の感度まで感受性が高まるまでじらして…といった具合。

女性がくすぐったがる原因は、皮膚の敏感さに対して、それを受信する性感脳の準備がまだ整っていないアンバランスさによるもの。スイッチを入れるためには、まずリラックスさせなければならない。


性感マッサージ リフレ東京 > 性感コラム > スローセックス > スローセックスを楽しめる愛撫と体位

現在の閲覧者数:

性感マッサージ

性感マッサージ
女性専用
リフレ東京


お問合せ

info@refletokyo.com

営業時間
9:00~23:00

東京 神奈川 埼玉 千葉



性感マッサージ 無料体験 女性専用 リフレ東京