彼女の親友と 1 【不倫体験告白】

彼女の親友と 1 【不倫体験告白】

リフレ
2012-07-29
性感オイルマッサージ女性専用HOME > 不倫体験告白 > 彼女の親友と 1 【不倫体験告白】

彼女の親友と 1 【不倫体験告白】

本サイトの体験談ではありません。
ご注意ください
不倫体験告白


彼女の親友と 1 

キスはさしてくれないしセックスもさしてくれません
図書室で悩んでいると
そこに彼女の親友である飛夜莉さんが入ってきました
飛「あれー○○の彼氏だよね」俺「そうっすけど」
飛「悩んでんなーその顔」
俺「わかりますか」
飛「うん分かるよ……相談相手になってあげる」
悩みを打ち上げると
意外にも聞いてくれた
普通ならキモとか思うはずなのに
俺「キモイとか思わないんですか?」
飛「全然」
俺「変わった人ですね」
飛「じゃあさぁーうちがキスの相手になってあげよう」
俺「マジですか」
飛「でも…せ、セックスは駄目だからね」
恥ずかしそうに言う飛夜莉さんが可愛かった
飛夜莉さんはドアの鍵を閉めるとカーテンまでしめた
俺と飛夜莉さんは抱き合いながらキスをし始めた
チュッチュッチュッパ
こんな音がまわりに響いた
俺も飛夜莉さんもだんだんと変な気分になり口の中に舌を入れてやるキス……ディープキスをやり始めた。でも二人とも素人だからうまくできなかった
何分過ぎたのか
立った状態だったから足が疲れ俺はイスに座り俺の片足に飛夜莉さんを座らせ、またキスをし始めた
いったんやめ飛夜莉さんが立った時、俺の片足のズボンが濡れていました。
飛「あごめん感じちゃって」飛夜莉さんがもじもじしているのを見て我慢の限界でした
俺は飛夜莉さんを机に座らせ強引に足を開かせてパンツの上から吸いました。黒色の下着でした。また、それが俺の興奮を高まらせて、舐めたりしました。味が苦くてチーズっぽい匂いと酸味でした。
舐めてる時に飛夜莉さんは
「ん、あん、ん、やめんて」 と言うから止められません 舐めたり吸ったりしてたのか 飛「なんか出るぅーいくー」
といったのでパンツちょっと脱がしマンコに顔を押し込んだ ジュルジュルジュルジュルと吸い込んだ
あり得ない体験  隣の奥さん 6・7
レス一覧に戻る  リストトップに戻る 

スローセックス 無料体験プラン

無料で施術いたします。
セックスの強要は、ございませんので、ご安心ください。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

お申し込み時に、スローセックス無料体験プランとお申し付けください。
180分程度のお時間をいただきます。
お時間が延長となってしまった場合でも、追加料金は、必要ございません。
完全無料ですので、ご安心ください。
●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、お断りさせて頂きます。
35歳以上の方は、ホテル代のみ ご負担お願いします。

スローセックス

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@refletokyo.com

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。