Gさん宅に 【不倫体験告白】

Gさん宅に 【不倫体験告白】

リフレ
2012-07-29
性感オイルマッサージ女性専用HOME > 不倫体験告白 > Gさん宅に 【不倫体験告白】

Gさん宅に 【不倫体験告白】

本サイトの体験談ではありません。
ご注意ください
不倫体験告白


Gさん宅に 

強要されたとは言え、私は自分で『はい』と言ってしまいました。

もちろん、呼び出されても拒否する事はできました。
(拒否し通せたかどうかは、正直わかりません)

私は、呼び出されても、拒否する事は考えられませんでした。

Gさんの射精を何度も子宮に受け入れた感触が、まだはっきりと残っていたんです。
Gさんに何か言われると、それがメールでも、あの感触が蘇ります。

スーツを着たままのGさんに、主人がベッドに寝ているその真横で、私は全裸で床に組伏せられて犯されたた感触。
射精を受け入れた瞬間、子宮が収縮するような感触。
知らないうちにGさんの腰に足を絡ませて、射精を受け入れた感触。

玄関で犯され、外を誰か通っているかも知れないのに、そこで射精を受け入れた興奮。

私は主人が出張中に、Gさん宅に呼び出されました。

Gさんから『大事なお客が来るから、お前は私の妻として接待するように』と言われて、私はGさん宅に昼から伺って、言いつけどおり料理とお酒の用意をしました。

六時過ぎて、Gさんがお客さんを連れて戻って来ました。
私はドキドキしながら、妻として挨拶をしました。
なぜか恥ずかしくなって、すぐに台所に戻りました。

お客さんにジロジロ見られて、恥ずかしくなったんです。
私が本当に妻なのか、見透かされたような気がしたんです。

台所から料理とお酒を運ぼうとしていましたら、Gさんが来られて、『これを身に付けていきなさい』と黄色のエプロンを渡されました。

意味がわからないまま、エプロンを身に付けようとしたら怒られました。
『違うだろ』
『服を脱いで、裸になってだ』

私は、正直、一瞬何を言われているのかわかりませんでした。

『裸になってって、裸で、エプロンだけですか?』
『そうだ』
『裸になってエプロンを身に付けて接待しなさい』

私は『妻がそんな事しますか?』と言葉がでかかりましたけど、Gさんの剣幕に飲み込んでしまいました。

私は、狼狽しながらも、台所で服を脱いで、黄色のエプロンを身に付けました。

着替える最中、Gさんから、ニヤニヤするいやらしい視線を浴び続けていました。

瀬戸の人妻①  最初は刺激的でも
レス一覧に戻る  リストトップに戻る 

スローセックス 無料体験プラン

無料で施術いたします。
セックスの強要は、ございませんので、ご安心ください。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

お申し込み時に、スローセックス無料体験プランとお申し付けください。
180分程度のお時間をいただきます。
お時間が延長となってしまった場合でも、追加料金は、必要ございません。
完全無料ですので、ご安心ください。
●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、お断りさせて頂きます。
35歳以上の方は、ホテル代のみ ご負担お願いします。

スローセックス

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@refletokyo.com

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。