忘れられないです 【不倫体験告白】

忘れられないです 【不倫体験告白】

リフレ
2012-08-03
性感オイルマッサージ女性専用HOME > 不倫体験告白 > 忘れられないです 【不倫体験告白】

忘れられないです 【不倫体験告白】

本サイトの体験談ではありません。
ご注意ください
不倫体験告白


忘れられないです 

いましたが、自分が書き込みたいなどと思うことは想像も
しておりませんでした。

私は43歳の派遣社員です。まだ独身です。
でもお付き合いをしている人がいて中学時代から長年付き合ってきた
間柄です。もう30年近く彼氏と付き合ってきましたが、気がつけば
とりあえず私は彼氏の「彼女」でありながらももう性的関係も
ほとんど無いセックスレスの状態なんです。倦怠期でしょうか?
でもやはり相手は彼氏だけと考え、浮気をしてきませんでした。
ですからこの年齢で恥ずかしながら彼氏しか男性は知りません。

しかしながらそんな状況に変化が訪れました。
先日、私の派遣先の元上司(と言っても6歳も年下の既婚者ですが)
に今の職場の状況も聞きたいから食事をしようと誘われた時は、
正直嬉しかったです。
実は私は彼には好印象を持っていて憧れていたのでしたから。

食事が終って駅に向かう途中、突然、彼が一度だけでいいから
思い出として抱かせてほしいと言ってきました。びっくりです。
私もお酒の勢いもあったことは否めませんが、憧れの上司でしたし、
私自身も男性は彼しか知らなかったこともあり、他の男性が
どんなものかと関心もあったので、彼の強い押しにも負けてOK
してしまいました。
でも私がこの年齢で彼氏以外に男性を知らないなんて知ったら
どう思うのでしょうか?

しかしいざ彼に抱かれてみると私は今までの自分を後悔せざるを得ない
状況となってしまいました。
彼はホテルに入ると優しくエスコートしてくれました。
キスから始まり愛撫、入浴、セックス・・・

最初にキスをされた時の感覚から、全く彼氏とは違ったものでした。
彼氏以外の男性を知らない私にとって初めて知る、恋人どうしが相手を
貪るほどに欲する濃厚なキスでした。それはまるで映画のシーンのように
彼の作る甘い雰囲気に酔ってしまい私から理性を完全に奪っていきました。
「凄い上手い。全然、彼氏とは違う・・・・」心の中で思いました。
特に彼氏しか知らない私にとってはとても刺激を強く感じました。


ベッドでは彼は私に腕枕をし、また優しいキスをしてくれました。
そして私の体全体にキスをしてくれるのです。そんな身体に、
勝手に力が入ってしまい思わず感情が込みあげて声に変わります。
「あ…んん…ああん…あん…」
彼は指を私の膣に二本いれてきて、同じように膣内の壁を刺激しながら
首筋にキスをさらに這わしてきます。
あまりの気持ちよさに私は何も言えず、意識が遠のいていく。
彼は私の中に指を出し入れさせながら、合間に膣内を激しく
時にはゆっくりと刺激を与えてくれます。
ついに私は、身体を反らせ、彼の背中にしがみつくの精一杯。
でも彼の指はそんな私の気持ちを知らないかの如く、私の秘所を
さらに激しく刺激してくるのです。
とにかく気を失いそうな位気持ちいい。上手く表現できません。
「これが愛撫なの?」と何度も自問自答してしまいました。
このままでは私はすぐイッてしまう。でもやめてとは言えない。。。
そして彼は「我慢しないで、イッて…いいから…」
「もう…本当にイッちゃうからダメ…あん…」
と激しい快感が押し寄せてくる中、全身がフワッと軽くなったような
感覚となり、動けなくなった瞬間、潮を吹いてしまいました。
「これが潮吹きなんだ!」とおぼろげにもその感覚を感じました。
ようやく彼はやっと指を引き抜いてくれたのです。
私の顔は赤く染まり、恍惚とした表情のまま、放心状態と
なりました。その間、45分くらいでしょうか。
こんなにも長くて気持ちのいい愛撫を経験したのは初めてです。
でもとにかくシーツは私の愛液と二人の汗でビショビショで
恥ずかしかったです。

少し間をおいて私は我慢できず私の中に早く入れて欲しいと
彼に哀願する自分がいました。
「私ってこんなにセックスが好きだったけ?」と後になって考えると
恥ずかしさを感じるくらいこの時は彼を求めていたのです。
彼は私に重なると恥ずかしいくらいに両足を大きく開き、
私はそのまま、ペニスを両手に包み私のあそこにあてがう・・・
私にとって彼氏以外の男性を受け入れる瞬間なのです。
と思ったのも束の間、「えっ?すごく痛い!なんで痛いの?
私のあそこはものすごく濡れているのになんで入らないの?」
今まで無我夢中だったからあまり気がつかなかったのですが、
彼のペニスをあらためて手に取り、見てみると彼氏とは
比較にならない固さ、太さ、長さそれに熱いのです。
私自身、彼氏のペニスに体が落ち着いてしまったのでしょうか?
そこで挿入しやすいように69でお互いを舐め合ってみました。
確かに咥えてみると苦しい。口に何とか入りきる感じ。
口に含むとその大きさは明らかに違っていると感じました。
でもそんなことを考える間もほとんどなく、彼の舌技に巧さに
私のあそこもさらに愛液で溢れてきました。
お互い十分に舐め合ってから次は彼はゆっくりと挿入してきました。
彼の太いぺニスが私の腟を埋め込んで行き、奥深くまで突き立て
られます。なんか頭の先から足もとまで宙に浮いている感じ・・・
数分もしないうちに信じられないくらいの絶頂感が湧いてきました。
とにかく体の中に大きいモノが入っている。
彼のぺニスは優しく動き時には荒々しく私の腟を掻き乱します。
彼が一旦ぺニスを抜き私をうつ伏せにしてお尻を上げさせる。
彼氏とはしないような恥ずかしい体位、私は犯されているようで好きでは
なかったポーズ、でも彼が挿入してくるたびに腟の感覚が良くなって来て
一突されるごとに自然と感じてしまい彼氏とのセックスでは出さないような
声が出てくる。
彼は体位を何度となく変え、私に見合った体位を試している。
でもそのたびに、私は何度も上り詰めている。
つくづく「ああ・・・体の相性って本当にあるんだ」と感じました。

彼が私の中に入ってどれくらいでしょうか、とにかくこんなに長い
セックスも初めての経験です。私は何度となく絶頂を迎えて
いると彼の抽送が一段と激しくなり彼が私の首に腕を回して体を
ぴったり密着してきて・・・
「ねぇ、そろそろイッてもいいかな」と彼は私の耳元で囁きました。
あまりの気持ち良さで「中に出してもいいよ」と私は思わず
言ってしまいました。
でも彼は私の期待とは反対にペニスを抜いて、そのまま私の
お腹の上にペニスを置いた瞬間「うっ!」と唸りぺニスが一層固くなるのを
感じました。彼は射精し、その量と勢いの衝撃は体の表面からも
響くとともに、私の顔にまで精液が飛んできました。
それから彼は心配しながらも私を抱きよせ、キスしてくれました。

しばらくして「ごめんなさい。僕のわがままを聞いてもらって・・・
彼氏がいることは知っているけど、ずっと好きだったんだ。でもこれで
僕にとっては今日のことは一生の思い出となるよ」と優しく
申し訳なさそうに私に言うのです。
私は逆にそのようなことを言われてしまい困ってしまいました。
だってこんなに最高に感じさせてくれるセックスは今まで経験したことが
無かったし、彼氏とはもう何年もセックスレスの関係でしたから・・・。
たぶん今日の経験してしまった以上は、彼氏とでは感じることが
できなくなってしまうのではと思ってしまいました。
でも何より今日の彼とのセックスで初めてオルガズムを知った自分が
とても嬉しかった。

結局、今まで女性として忘れかけていた感覚を私は取り戻すこととなり、
家に帰ってからも彼とのセックスが忘れられず、数日後には今度は私から彼に
「私にとっても一生の思い出となるように感じさせてほしい」
と連絡してしまい、今では私は今までの経験不足を取り戻すかのように、
彼にセックスを求めるようになってしまいました。
しばらくはこのままお互いの一生の思い出作りは終わることが無いように
長いです、回想も多いです①  忘れられず2
レス一覧に戻る  リストトップに戻る 

スローセックス 無料体験プラン

無料で施術いたします。
セックスの強要は、ございませんので、ご安心ください。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

お申し込み時に、スローセックス無料体験プランとお申し付けください。
180分程度のお時間をいただきます。
お時間が延長となってしまった場合でも、追加料金は、必要ございません。
完全無料ですので、ご安心ください。
●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、お断りさせて頂きます。
35歳以上の方は、ホテル代のみ ご負担お願いします。

スローセックス

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@refletokyo.com

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。