隣の奥さん 3 【不倫体験告白】

隣の奥さん 3 【不倫体験告白】

リフレ
2012-08-03
性感オイルマッサージ女性専用HOME > 不倫体験告白 > 隣の奥さん 3 【不倫体験告白】

隣の奥さん 3 【不倫体験告白】

本サイトの体験談ではありません。
ご注意ください
不倫体験告白


隣の奥さん 3 

そして、ゴミだし最後の今朝、妻から頼まれたゴミを9時前に出しに行くと、丁度奥さんと一緒になった
「年末で忙しいですね。」
「ええ、掃除とかいろいろ。でも今日は主人と子供がでかけるので、ゆっくり掃除ができるんです」
「そうなんだ。捗りそうですね」
そんな会話をしてそれぞれ家に入った。
うちのカミさんも妹とデパートへ出かけるというので、駅まで送っていった帰り、
隣の旦那さんの車とすれ違った。
車を車庫に入れ、玄関に入る前に隣を見ると、奥さんは窓拭きをしていたので、
「大変ですね。うちは掃除どころかデパートへ行っちゃいましたよ」
「いいですね」
旦那さんが出かけたのはわかっていたが、「旦那さんはでかけた?」と聞くと
「さっき、子供とでかけました」
「そうなんだ。出かけませんか?」
「え。どこへ」
「ランチでも。」
「いいんですか?」
「はい。行こう。11時にこの前のところで待ってるから」
「でも・・・」
「久々に待ってるから」
そういって、一度家に入り、約束の場所へ出かけた。
約束の場所で待っていると少し遅れてやってきた。
助手席に乗り、「どこへ出かけます?」と聞かれたので
「ホテル」
「え。。。でも」
「いいでしょ」
手を握ると、奥さんはこの前のホテルへ車を走らせた。
部屋に入ると直ぐに抱き合い、キスをし、舌をからめた。
奥さんは、ワンピースに着替えて出かけてきたので、
ワンピースの中に手をいれ、お尻を触りならが
「こうなると思ってたでしょ?」
「少しは・・・」
こんな話をしながら、ストッキングとパンティを太腿まで下げ、
ベットに座らせ、ストッキングとパンティを脱がし、
ベットに寝かせた。
太腿から股間を触ると、既に熱くなっていてシットリと濡れていた。
指で割れ目を触っていると、グッショリとなってきて、指もするりと入るようになった。
自分も大きくなってきたので、我慢ができずジーンズとパンツを脱ぎ、奥さんにイン。
舌を絡めながら、「服をきたままのHって、チョット刺激的だね」というと
「うん。はずかしいけど・・・」
そして奥さんを起こし、座位の状態にすると、奥さんは腰をつかって
自ら感じ始め声をあげた。
奥さんの一度目の絶頂が終わったあと、
インしたまま、ワンピースのファスナーを下ろし、
ワンピースを脱がすと黒のキャミとブラで、キャミとブラも直ぐに脱がした。
全裸になった奥さんは、胸を手で隠していたが、小さな乳首をキスするため
手をどかすと、奥さんが自分の上の服を脱がそうとし、奥さんの脱がしやすいように
協力をし、お互いに全裸になった。
奥さんは座位が好きなようで、もう一度、腰を使い始め、
髪を振り乱し、頭を後ろに倒しならが、感じていた。
今度は自分が我慢できなくなり、一度抜き、スキンをして再イン。
自分が仰向けに寝て、奥さんはインしたまま、髪を振り乱し、
かわいい乳房を揺らしながら、腰を使い、時折、キスを求めてきた。
奥さんの声にあわせるように、一緒に果てた。
ベットで、何度もキスをし、余韻を楽しんだ後、
奥さんはためらったが、一緒にお風呂へ入り、
奥さんの全身を洗った後、自分も洗ってもらい、フェラをしてもらい
立ちバックのあと、湯船の中でもイン。
お風呂場の中で、奥さんの声とお互いの肌がぶつかる音が響いた。
ソファで奥さんの出てくるのを待っている間、お茶を飲んでいると
「私も」というので、横に座らせ、ビックリしていたが、口移しで、飲ませた。
そして、体に巻いていたタオルを取り、奥さんを前回同様、前に立たせて
お腹から、下へとキスをし、“駅弁H”がしたかったので、机に座らせインし
そのまま、抱き上げた。
奥さんを上下に動かすと、奥さんの息づかいが荒くなり、声をあげた。
そして、ベットに奥さんを倒し、いろいろ体位を変えながら、
お互いに果てた。
時間も4時を過ぎていたので、帰ることにし、
服を着ていると。奥さんの下着姿が、とても色っぽかったので、
背後から抱きしめ首筋にキスをしていると、奥さんは感じ始めてしまい、
「もう一度」というので、ストッキングとパンティを脱がし
ベットに押し倒した。
スキンがないことを奥さんにいうと、「中ではだめだから」といいながら
フェラで前回の液を綺麗にしてくれ再びイン。
キャミとブラの肩紐を下ろしながら、小さな乳首を出し、舌でコロコロしながら
奥さんの絶頂にあわせ、太腿に白い液をだした。
ホテルをでると、外は既に真っ暗。
奥さんの太腿を触りながら帰路に着き、
別れ際に、キスをすると、奥さんは、
「下唇にキスされると感じちゃうみたい。わかってしてる?」
「いいや。そうなんだ」
で、下唇だけにキスをして、舌でチョット触れると、
体の力がぬけるような感じがわかった。
「じゃ、今度いっぱい攻めるよ」
「しっていると思った。いうんじゃなかったわ」
「じゃ、また今度」
そういって車から降りた。
(無題)  他人棒
レス一覧に戻る  リストトップに戻る 

スローセックス 無料体験プラン

無料で施術いたします。
セックスの強要は、ございませんので、ご安心ください。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

お申し込み時に、スローセックス無料体験プランとお申し付けください。
180分程度のお時間をいただきます。
お時間が延長となってしまった場合でも、追加料金は、必要ございません。
完全無料ですので、ご安心ください。
●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、お断りさせて頂きます。
35歳以上の方は、ホテル代のみ ご負担お願いします。

スローセックス

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@refletokyo.com

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。