夫の友達達と 【不倫体験告白】

夫の友達達と 【不倫体験告白】

リフレ
2012-08-03
性感オイルマッサージ女性専用HOME > 不倫体験告白 > 夫の友達達と 【不倫体験告白】

夫の友達達と 【不倫体験告白】

本サイトの体験談ではありません。
ご注意ください
不倫体験告白


夫の友達達と 

二年ほど前から、夫の友達が、毎日の様に夕方から呑みに来るようになり、私も夫のアル中から解放される事で、喜んでたんですが、酒量が過ぎるので、肝臓を痛め入院。
そんなある日、午前中で仕事を終えて、家に戻りシャワーを浴びて、タオルで頭を拭きながら裸でリビングに行くと、(玄関をロックするけど、裏口はロックしないから、夫の友達は勝手にいつも入ってきます)いつものAちゃんが、ソファーに座ってました。
『エーッ、キャー』って私は叫び、しゃがみましたが、『エッちゃん、ゴメンね。見舞いを持ってきたんだけど・・・』
私は、小さなタオル一枚では、体を隠しようもなく、『こっこそ、変な格好でゴメンね。そこのバスタオルくれる』と頼み、彼は私の所までバスタオルを持って来てくれ『変なだなんて、素敵だよ』と言ってくれ、『まだ濡れてるよ』と背中を拭いてくれ、首から肩にかけ優しく拭いてくれました。
私は『恥ずかし体をしてるから、もういい。有難う』って言いましたが、『素敵だよ。恥ずかしがらなくても、もう全部見させてもらったから、今さら照れなくていいよ。あいつが、羨ましいよ』って言ってくれました。
私は『そんなことないよ。もうずっとほったらかしだから』と言っちゃいました。
すると彼は、しゃがんでる私の肩を掴み、正面を向かせ『こんなに可愛いのに』と言って、抱きしめながらキスを してきました。
突然の事でビックリして、暫くして彼の胸を押しましたが、彼の力は強く、彼の舌が私の舌を探す様に、又こんな甘いキスをされたのが初めてで、抗うことも出来ず、そんな時間がすぎました。
彼は私のおっぱいを優しく包み、指で乳首を摘まんできました。
『あかん。ここまでにして、コウちゃんにバレたら、大変やから』と言いましたが、彼は私の下に手を伸ばし『でも、もうこんなになってるよ』と言って、その指を二人の顔の間に持ってきて、ベトベトに濡れた指をなめ『美味しい』って。『汚いからダメ・・・』
彼は私の体を床に寝かせ、左手を私の首に回したまま唇から乳首に彼のキスは移動し、右手の指は、私の敏感なクリトリスを優しく摘み、別の指が私の中に入ってきました。
思わず『アーン』と言ってしまい、抵抗出来ない事を悟り、彼を受け入れる決心をしました。
彼にその気持ちが、伝わったのか、左手を外し体を正面に移動し、右のおっぱいを優しく揉んできました。左手もおっぱいに来たと思ったら、彼の顔は、私のベタベタに濡れたところへ下がっていき、舌でクリトリスを凄い速さで舐めてくれ、今までに感じた事のない快感の波が押し寄せ
『アカン、イヤイヤ、もう、アカン、逝っちゃう~』と口にし逝っちゃいました。
でも彼の指や舌は、休む事はなく
『もう、逝ったから良いの。休ませて』と言っても、『エッちゃんの美味しい。もっと味合わせて。』と言って、くすぐったいのから又快感の波がやって来て
『アーン、また逝っちゃいそう』
『何度でも、我慢せずに逝きなよ。エッの声で僕も逝きそうだよ』
『私もしてあげる、でも、アーン、イク、イク~』
彼は、いっぱい溢れ出た私の愛液をイヤラシイ音を立ててすすり、『美味しい。こんなに感じてくれて、有難う。僕にもしてくれる』と言って立ち上がり、ズボンを脱ぎ、トランクスもぬぎ、いきり立ったチンボを私の顔に持ってきました。『凄い。出てきてるよ』
『エッちゃんに入りたがってるのかな。舐めてみて』『硬い。』私は久しぶりに見る固く熱い彼のチンボを愛しく思え、一心不乱に舐め、くわえてると
『そろそろ入りたいよ。』『来て』と私も言い、彼を待ちました。
熱い彼の物が、私の回りを円を描くように愛撫し
『ねえ、早く来て』と私から催促し
『じゃあ、あげるね』ていきなり奥まで一気に突き刺して子宮に当たり
『ウッ、壊れちゃう、変になりそう、もう、又逝っちゃう~』
彼は、容赦なく私を突き上げ、私の意識は半分翔んだ感じで、快感の波が何度も訪れ、気持ち良すぎて、泣きながら何度も何度も、逝きました。
途中、初めて騎乗位で彼の上で腰を振り、下から突き上げられ何度も子宮に彼の物が当たり、気が変になりそうな程の快感で、頭が真っ白でした。
足が震えて、力も入らないので、また下で抱いてもらい、彼が
『エッちゃんのが、良いから、僕も逝きそうだよ。逝っても良いかい。』
『逝って。もう私は、十分過ぎるくらい、逝ったから。アーン、またイク~』
彼は、ピッチをあげ、私の子宮を何度も何度も突き、『このままなかで逝くよ』私は、泣きながら、半狂乱で『ウン。きて、きて、きて』と叫んでました。
私の中で、彼の物が、一段と大きくなったら、子宮に熱いものがかかり、彼は、私に優しくキスをしてくれました。
私は、彼にしがみつき、泣きながら震えて、また大きな波が押し寄せてきました。
セックス大好き!!  食べちゃった。
レス一覧に戻る  リストトップに戻る 

スローセックス 無料体験プラン

無料で施術いたします。
セックスの強要は、ございませんので、ご安心ください。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

お申し込み時に、スローセックス無料体験プランとお申し付けください。
180分程度のお時間をいただきます。
お時間が延長となってしまった場合でも、追加料金は、必要ございません。
完全無料ですので、ご安心ください。
●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、お断りさせて頂きます。
35歳以上の方は、ホテル代のみ ご負担お願いします。

スローセックス

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@refletokyo.com

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。