初夢 ④ 【不倫体験告白】

初夢 ④ 【不倫体験告白】

リフレ
2012-08-03
性感オイルマッサージ女性専用HOME > 不倫体験告白 > 初夢 ④ 【不倫体験告白】

初夢 ④ 【不倫体験告白】

本サイトの体験談ではありません。
ご注意ください
不倫体験告白


初夢 ④ 

私は、そのコブこそが、彼の人生を苦しめている原因そのものだと思うと
湧き出た思いは、彼から苦しみを開放する方法はそのコブの存在を
認めて、彼と共有してあげる人間が必要なこと、そしてそれができる
のは自分だと思ったのです。「この背中を見てもいい?」といいました。
彼はしばらく戸惑ったようでした。「気持ち悪くなるよ」と答えました。
「だいじょうぶ」というと、「本当は恥ずかしいから」といいました。
「ねえ、見せて」「お願いだから」彼は「だめ」とくり返しました。
私は、そのときに、彼の心を開くには、私も恥ずかしい部分を彼に見せる
しかないと思ったのです。「私も裸になるるから」その言葉を発して、
自分でも、何かに取り付かれたような異様な気持ちになっていました。
彼が返事をするまえに私は上着のボタンをはずし始めました。会社の
事務服のベストのボタンをはずし、ブラウスのボタンをはずしました。
自分から進んで脱いだのは主人意外はありませんでした。でも、彼の前で
脱ぐことに、抵抗はありませんでした。彼に愛情があったからでしょう。
でも、さすがに、ブラをはずすときは、恥ずかしい気持ちになっていま
した。ブラを脱ぎ終わると、彼は目をそらしました。彼にとってはまぶし
過ぎたのでしょう。私には男性の気持ちはよくわかりませんが、主人の
顔も浮かんだのだと思いました。彼にとっては雇い主の奥さんですから。
私は、彼の顔を両手でつかんで、前を向かせました。ちょうど彼の顔は
私の胸の高さでした。しばらく左右の胸を交互に凝視していました。
次の瞬間、かれが乳首に吸い付いてきたのです。その行動は、それまで
彼からは想像できないほど乱暴でした。思わず私の体は流し台に背中が
ぶつかりそのまま彼と一緒に床に倒れてしまったのです。彼の行動に、
戸惑いましたが、でも、私は幸せな気持ちになっていました。それは
あたかも、おなかの空いた乳飲み子が、母親の乳首をむさぼる姿に似て
いて、私はそのときと同じように、幸福感で満ち溢れていたのです。
しばらく、彼の行動を、第三者が見ているように冷静に、眺めていました。
でもしばらくすると、それが、愛撫だと頭で意識されていき、そして
女の喜びへと変化していったのです。そして、無意識のように彼の
シャツを持ち上げて、脱がしてしまっていたのです。ゆびで彼の背中の
コブをなでていました。彼は私に「奥さんが悪いんだよ」といいました。
私は、「ねえ、私のこと好き?」と聞きました。「うん」とうなずいた彼に
「それならいいよ」と答えました。わたしは、体の障害を持って生まれた
彼に、神様の罪滅ぼしで、わたしがその役目を担っているような錯覚に
陥り、だから、彼が性欲だけで私に襲ったのではなくて、愛があることを
確認したかったのです。
悩んでます  初夢 ②
レス一覧に戻る  リストトップに戻る 

スローセックス 無料体験プラン

無料で施術いたします。
セックスの強要は、ございませんので、ご安心ください。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

お申し込み時に、スローセックス無料体験プランとお申し付けください。
180分程度のお時間をいただきます。
お時間が延長となってしまった場合でも、追加料金は、必要ございません。
完全無料ですので、ご安心ください。
●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、お断りさせて頂きます。
35歳以上の方は、ホテル代のみ ご負担お願いします。

スローセックス

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@refletokyo.com

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。