夫には内緒で 【スローセックス無料体験】

夫には内緒で 【スローセックス無料体験】

リフレ
2012-07-12
性感オイルマッサージ女性専用HOME > 人妻秘密の体験告白 > 夫には内緒で 【スローセックス無料体験】

夫には内緒で スローセックス無料体験

本サイトの体験談ではありません。
ご注意ください
人妻秘密の体験告白掲示板
単身赴任中の主人と高校2年生の双子の息子達がいます。
子供達が、高校に入ると子育てにも余裕が出来て、フルタイムで職場に復帰しようと思いました。
まだ当時は主人は単身赴任ではなかったのですが、昨年の10月より単身赴任でとある地方で頑張ってくれています。
しかし、ずっと嫌がっていた管理職になって、残業代も付かなくなり、生活の為に、私は転職をしようと思いました。
その時に、声を掛けてくれたのは、当時の会社で担当していた取引先の方で、給料も上がり、家もそちらの方がバス通勤で近いので、転職をすることにしました。
社長さんも凄く良い方で、色々と事情を考慮し、息子が部活で怪我をしたときも、早退もさせてくれたりしました。
また近くに住む方も何人かいて、人間関係もすぐに慣れました。
しばらくして、私の歓迎会が行われて、私はもちろん参加しました。
幹事をしてくれたのは、30代前半のKさんでした。
Kさんはまだ独身ですが、爽やかな感じの人で、会社から近いこともあり、うちの近所に一人暮らしをしています。
ちょっと体育会系の雰囲気の中で、私は一人ひとりからお酌をされているうちに、かなり酔ってしまいました。
翌日が休みだったので、2軒目にも連れて行かれた記憶はありましたが、朝起きると、体には二日酔いと違和感があったものの、自宅の玄関先で倒れこむように寝ていました。
息子達はまだ起きておらず、私は一度シャワーを浴びて再度、寝ることにしましたが、何か体の様子がおかしいと思っていました。
息子達の朝食兼昼食を用意してから寝て、夕方に起きると、Kさんからメールが入ってました。
『昨晩はありがとうございました。また楽しませてください。』という内容でした。
楽しませてくださいの意味が分からず、「こちらこそ、楽しかったです。私、何かしたのかな?」と返信すると、
『覚えてないんですか?』という言葉と共に、写真が添付されてきました。
写真は、私が男性のモノを自ら求めるように、口に含んでいるものでした。
私は頭が真っ白になり、削除はしたものの、返信できませんでした。
翌週の会社で、私はKさんとは気まずく思っていましたが、Kさんは逆に気さくな感じになっていました。
会社のメールでは何かあるとまずいので、お昼休みなどに、Kさんに状況を確認する為に、あえて携帯から連絡すると、
Kさんの家に行きたいとせがんだのは、私の方で、困ってしまったKさんは仕方なく私を家に連れて行くと、始めは表だけ見せて送って帰る予定だったのが、私が『トイレに行く』とせがんだらしく、仕方なく家に上げると、私の方から彼を襲うように関係を持ってしまったみたいなのです。
写真も面白おかしく撮ったわけではなく、彼が私が嫌がるだろうと思って撮ったらしいのです。
それから彼も私を帰そうとしたのですが、なかなか帰ってもらえず、やっとの思いで帰したとのことでした。
しかも、私には全く記憶がなく、逆に彼はショックを受けていました。
翌日から彼の態度は私を軽蔑するような態度になっていました。
私はしばらくは放っておきましたが、仕事上、そうも言っていられなくなり、彼に弁明させてくれとお願いし、食事に誘いました。
彼は始めは断ってきたのですが、何度か誘っていると、誘いに乗ってくれました。
そこまで男性を食事に誘ったのは、初めての事で、何度も断られている内に、私の中で彼の事を考える時間が増えていってしまったのでした。
彼は最悪の事態を考えてか一度家に帰り、車で待ち合わせ場所まで来ました。
私が見つけたお店で食事をしながら、私は弁明と言うより言い訳をさせてもらっていました。
彼は少し冷めた顔で聞いていました。
私が話し終えると、彼は「以上ですか?」と聞いてきて、私は少しカチンと来ました。
そこからは殆ど無言でしたが、店を出て、近くのパーキングに止めてあった車に乗り込んだときに、
急に私の顔を覆うように、キスをしてきました。
咄嗟のことで、拒否する事も出来ませんでした。
「さっきの話を聞いてて、縁さんの中で俺が大きくなってるような感じがしたんだけど?」と聞かれながら、耳の辺りを手の平で軽く撫で回され、こちらが答える前にまたキスをしてきました。
濃厚なキスで、しばらくしてから我に返り、彼を突き放しました。
彼は車をパーキングに止めたまま、車を降りてしまいました。
ちょっと離れた所から、私を手招きで呼び寄せました。
「頭を冷やすのに、付き合ってもらえませんか?」と言って、彼は歩き出しました。
小さな公園の一角で抱き寄せられて、キスをされました。
「やっぱり熱は冷めないみたいだ。」と言いながら、歩き始める彼に公園に取り残されそうになりながら、後ろからちょっと早歩きで追いかけた私でした。
再び精算を終えて、彼が車に乗り込んでくると、私にキスをしてきましたが、予想していた私は拒否しませんでした。
しばらくして、車を脇に止めた彼は私に濃厚なキスをしてきました。
私の服の中に躊躇なく、手が入ってきて、ストッキングが破かれると、そこから彼の手が私の大事な部分に到達しました。
「こんなになってるのに、真っ直ぐ帰るの?」と彼に聞かれた私は頭を横に振りました。
ホテルに入ると、時間もないので、彼の激しくも優しい愛撫を受けながら、私は服を全て脱いでいました。
そして、彼も全て脱ぎ終えると、私は自ら彼のを口に含みました。
私は彼のを自分なりに激しくしていましたが、それでも彼の愛撫は止まず、私が先にいかされてしまいました。
彼が私の中に入ってくると、見た目以上に大きく感じていました。
体位を様々入れ換えて、最後に彼は「今日は中?外?どっち?」と聞かれました。
「何で、そんなこと聞くの?」と聞き返すと、「この間は、中に出したいって離れなかったんだけど、最後に俺が突き放したから。」って恥ずかしくなってしまいました。
結局、彼は私の顔に出しました。
主人には出させた事はない顔に出されて、私は彼の物になってしまった気分になりました。
しかし、家に送り届けられると、現実が待っています。
主人には申し訳ないのですが、それから彼と定期的に現実逃避の意味を込めて、体の関係を持っています。
彼もそれは分かってくれているのですが、関係を終わらせたいと思っているみたいで、私からいつも誘うのですが、始めは必ず拒否してくるようになりました。


悩んでいます  息子みたいな。
リスト一覧に戻る 

スローセックス 無料体験プラン

無料で施術いたします。
セックスの強要は、ございませんので、ご安心ください。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

お申し込み時に、スローセックス無料体験プランとお申し付けください。
180分程度のお時間をいただきます。
お時間が延長となってしまった場合でも、追加料金は、必要ございません。
完全無料ですので、ご安心ください。
●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、お断りさせて頂きます。
35歳以上の方は、ホテル代のみ ご負担お願いします。

スローセックス

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@refletokyo.com

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。