専務にやられてしまいました 【スローセックス無料体験】

専務にやられてしまいました 【スローセックス無料体験】

リフレ
2012-07-12
性感オイルマッサージ女性専用HOME > 人妻秘密の体験告白 > 専務にやられてしまいました 【スローセックス無料体験】

専務にやられてしまいました スローセックス無料体験

本サイトの体験談ではありません。
ご注意ください
人妻秘密の体験告白掲示板
「やめてください!」と言ったけど専務はベージュのパンストに包まれた脚のミニの中に手を入れて撫でてきた。「おや、ノーパンなのか、しかもパンストだけ履いて」とパンスト越しに陰裂を刺激された。ノーパンなのを見破られて恥ずかしくなり「イヤ、やめて!」と抵抗しよーにもがっしりした体格で背も高い専務は私の細い体を軽々と後ろから抱いたまま少し離れた壁際まで連れて行きそこで私を降ろすといきなりワンピの後ろのジッパーを降ろして手を入れ手慣れた感じでブラをずらしあっとゆーまに私の両乳首を捉えた。 「あっ・・・や、ああん!」私は抵抗しよーと両手を動かそうとしたけど、後ろから羽交い締めされながら乳首をいじられてしまいどーしよーもなかった。私の乳首は超敏感で最大の弱点だった。羽交い締めされて私の両胸は専務の好きなままに弄られた。
専務は乳首の扱いが上手で軽くさすったり、柔らかくつねったり揉んだり、時々爪や指で弾いたり、手のひらで転がしたりされた。全身の力を込めて逃れようと暴れたけどダメだった。「イヤっ、ダメッ、許してっ」感じやすい乳首から全身にジィ~ンと甘い感覚が走った。首筋にキスをされながら両乳首を好きなよーにいじられまくっていると、つい、私は感じてしまっていた。心では拒絶してもどうしようもなく、両乳首からアソコに電気が流れて反応してしまい、愛液が溢れ出そうになっている。だって、すごく丁寧でしつこい愛撫だったから・・・  。女の悲しさ、段々よくなってきた。歯を食いしばって耐えた。でも無駄だった。両乳首を同時に摘まれた瞬間、「あぁ、イヤ」と声が漏れた。
「ぁ・・・・駄目っ」 キュンと胸の先から快感が走る。
長く優しい愛撫にすっかり敏感になっている乳首に これ以上刺激を与えられたら・・・
「ぁぁ・・・しないで、しないで・・・ぁ、はンンっ・・・」
本当に後戻り出来なくなってしまう。
本能的にそう感じて、私は頭を振って逃れようとした。
だけど、専務の執拗な淫らな乳首責めは、私を追いつめていく。
「ぁ・・・・ンっ!」「いやん」「ダメッ!」
乳惲のところから乳首までを一緒に軽く指で摘まれクニクニ、ゴニョゴニョと軽く回すように揉まれるともうダメだった。胸を突き出して感じながらその両乳首揉みに思いっきり感じてしまう。「ダメダメッ」と言いながら…。
「んふふ~♪ いい声だなぁ。乳首しゃぶったらもっといい声聞けるかな?」
「ほら、吸ってやるよ」
「イヤァ、ダメよ、やめて、お願いッ」
そんな言葉も無視されて専務の舌で粘っこい汁がピン!と尖った桜色の乳首に何度も塗られていく。
イク寸前まで昂ぶってた乳首の先を専務の舌で刺激され、私の身体が無意識に跳ねる。
乳首の周りから乳首にかけて揉まれながら唇で乳首が吸われ、歯で軽く乳首がかまれる。
「ヒィ!? それはダメェ・・・それは許して・・・許してくださいぃぃ・・・」
「ダメだよ。たっぷりしゃぶってやるよ」
「止めて・・・止め・・・はひぃぃぃん!!」
 チュバ・・・レロレロレロ・・・チュゥゥゥゥ・・・チュバチュバチュバ・・・
「はヒィぃぃぃぃ!? んぉぁぁぁぁ!! ひぃ・・・ひぃ・・・ヒィぃぃぃぃ!!」
乳首が専務の唇に愛撫される。専務の口に包まれ、舌でやさしく可愛がられる。
ジラスように胸から脇の下へと専務の舌と唇が肌の上を移動する。
背中の奥に電気が走ったようなゾクッとした快感を感じる。
「ああ~」
また専務に乳首を軽くかまれる。
「いや~ん」
首を大きく後ろに反らし悶えた声をあげてしまった。
後ろから両手で胸が揉まれ、指先で乳首が摘ままれ乳首全体が揉まれる。
「いや~ん」
首筋からうなじにかけて専務の舌が滑りおりていく。
耳たぶが専務の口の中で舌でやさしく愛撫される。
首筋がゾクゾクとして高揚がたかまる。
「ぅぅぅ・・・ぁぁぁ・・・」
 鋭くも甘い、激しくも切ない快感が私の乳首から子宮へ駆け抜けていく。右の乳首
を専務は舌で転がし、赤子のように貪っている。
「あぉぉぉぉぉ!! いぃぃぃぃぃ・・・ンゥゥぅぅぅぅ!!」
 口からは意味不明な嬌声が溢れ出てくる。言葉にならない快感に頭が真っ白になっていく。
「ひぃぃぃぃ・・・・いぃぃぃ・・・んぃぃぃぃぃぃ!!」
 チュバチュパチュバ・・・カリカリカリ・・・チュゥゥゥゥ・・・レロレロレロ・
・・コリコリコリ・・・クリクリクリ・・・チュバチュバチュバ・・・
「あふぁぁぁぁ!! うぁ・・・うぁ・・・んぁぁぁぁぁ!!」
 専務は延々と右の乳首を舌・歯・唇を使って舐りながら、左の乳首を指で転がしてくる。頭の中
で火花が弾けていく・・・ 両方の乳首を丁寧に執拗に同時に愛撫される快感は想像を超えていた。
両胸の先から鋭く甘い快感が全身を突き抜けていく。しかも後ろから顔を回してきて何回も乳首を舐めたり時々甘噛みされた。「もうイヤ、ダメ、ヤメテッ」と口では言うものの乳首からの甘い快感に負けてしまう。
抵抗が弱くなったのを見計らって専務はネクタイで私の両手を後ろ手に縛った。両手の自由を奪っておいてからミニの中に右手を入れてきた。パンストの上からクリを何度となく揉まれこすられているととうとうアソコが濡れてきた。陰裂から溢れ出した愛液でパンストはビショビショ。「お願い、やめてください!」懇願しましたが専務は一向に辞める気配がないばかりか、今度はパンストの中に上から右手を入れて陰唇を優しく撫でたりこすったりし始めた。カラダは正直で、もう抵抗もできなかった。音がするくらい濡れちゃってて・・・。 濡れ濡れのクリちゃんばっかり、いっぱい触られて。
「ほら、濡れてるじゃないか、ええ?」と言われると恥ずかしさと共に気持ちよさが芽生えてきた。「んんっ、あん!やあん!」って、いっぱい声が出て。「ダメ、いけないわ、こんな事、ヤメてっ!」とイヤイヤをしながら言ったとたんに、クリをつままれ転がされてしまった。両脚を閉じてその手を阻止しよーにもスリムな私の太股はそんなお肉がなくてアソコは自由自在にされてしまう。それに快感が凄すぎて脚を閉じる事が出来なかった。悔しいけど甘い敗北だった。この拘束されて愛撫される快感は何?すっごく感じてしまう。それに追い打ちをかけるよーに「前から好きだったんだよ」と専務が耳元でささやいた。耳も敏感になってしまってる!! しかも、左手はずっと左の乳首をつまんだり転がしたりしながらクリを愛撫したまま! これにはもーダメかもって思ってしまった。専務の右手をどんどん愛液で濡らしつけてしまう!するとGスポットをぐちゃぐちゃにかき回されて、 もうどうしようもなく感じて、喘ぎっぱなし。何度もイク寸前で止められてまた気持ち良くなって「お願い、もぉ、だめえ!あぁん!やあ・・・もうダメぇ!イカせてぇっ」って言ってしまい、3回ほどイカされてしまった。
突然、専務はパンストのアソコを破るとスカートを捲りあげ、立ったまま後ろから割れ目にペニスをあてがってきた! 固くいきり立ったものを!「はう ッ ククー ッ はああ~」
無意識に声が漏れ、女の歓びを伝えていた。身体はもう専務のなすがままになっていた。専務が後ろから私の腰を抱えた。自分から尻を持ち上げた。歓びに震えた。
「ダメ、やめてっ!それはダメ!お願いだから!もー許して!」と言う私を無視していきなりソレを挿入してきた!完全に濡れてしまっていた私は数回の入り口での馴らしのあと、ソレを簡単に深くまで受け入れてしまった。とうとう一線を超えてしまった。悔いはなかった。頭が真っ白になって気を遣っていた。専務はゆっくりと狭い密壷の感触を楽しむかのように油送し始めると徐々にそのスピードを変えて変化を付けてきた。それにたやすく翻弄されてしまう私。
Gスポを狙うように突かれたり、奥まで深く挿入されて子宮をツンツンされたりしてるともう何もわからなくなりとめどもなく濡れてしまい、感じてしまった。
「イヤァ、お願い、もーやめてぇ、ダメっ、許して!」声に出してしまいましたが、それが専務をよけいに刺激したよーでさらに激しいピストン運動を受けた。
パンストを履いたままの太股やヒップを撫で回されながら固いモノで中をかき回された。
「いいいーくくーー ッ」
「イ、イク、イッチャウ、お願い、許して、ダメッ イヤァ、
       イヤッ、イヤッ、ダメダメェ、あぁ、いっちゃう!」
それから後は専務のなすがままにされてしまい、立ったまま後ろから突き上げられて2回もイッテしまった。パンストを履いたまま。
さらに今度はソファにそのままの体勢で寝かせられた。拘束された両手はバンザイの格好にされてしまったの。専務はやや右に上半身をずらして私の両脚を下から膝で広げ、右手はクリを左右・上下に、左手は指を拡げて両乳首をコリコリと愛撫しながら思い切り突き上げてきた。たまらずに私は腰を高々と上げクリを突き出すよーにしながら「ダメ、イっちゃう、イクっ!許して、ダメ、イヤ、お願い、いやぁ、もーダメェっ!」「イ、イク、イッチャウ、お願い、許して、ダメッ イヤァ、 イヤッ、イヤッ、ダメダメェ、あぁ、いっちゃう!」と叫びながらイッてしまった。


オモチャにされた  別れたい
リスト一覧に戻る 

スローセックス 無料体験プラン

無料で施術いたします。
セックスの強要は、ございませんので、ご安心ください。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

お申し込み時に、スローセックス無料体験プランとお申し付けください。
180分程度のお時間をいただきます。
お時間が延長となってしまった場合でも、追加料金は、必要ございません。
完全無料ですので、ご安心ください。
●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、お断りさせて頂きます。
35歳以上の方は、ホテル代のみ ご負担お願いします。

スローセックス

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@refletokyo.com

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

ライブチャット パフォーマー募集中

エンジェルライブ
マシェリチャット
DMMチャット
チャットピア
ライブチャットジュエル
マダムライブ

オイルマッサージHOME > 人妻秘密の体験告白 > 専務にやられてしまいました 【スローセックス無料体験】