ネットの落とし穴 【スローセックス無料体験】

ネットの落とし穴 【スローセックス無料体験】

リフレ
2012-07-12
性感オイルマッサージ女性専用HOME > 人妻秘密の体験告白 > ネットの落とし穴 【スローセックス無料体験】

ネットの落とし穴 スローセックス無料体験

本サイトの体験談ではありません。
ご注意ください
人妻秘密の体験告白掲示板
大学生の娘がいて、娘と同い年の彼氏と付き合っています。
主人とは完全にレスの私は家族には内緒でアダルト系のSNSに登録していたものの、
妄想的な日記や日頃の愚痴などを書いていただけで、リアルな出会いまでは、怖くて求められないでいました。
私はそれらの日記を書きながら、また読み返しながら、一人で慰めていたのです。
そういうサイトに登録している女性ならば経験があるとは思いますが、
日記に付くコメントの数よりも、意味不明なメッセージやら明らかに欲求不満の塊のようなメッセージがはるかに多く来ていて、ほとんど読まずに削除していました。
ただある時から、私が日記を書くたびにコメントを残してもらえる方が出てきました。
それが楽しくもなり、私はほとんど毎日のように日記を書くようになり、それに伴って一人で慰める回数も増えていきました。
ちょっとした羞恥心が始めはありましたが、コメントに乗せられて、私の日記は徐々にエスカレートしていったかと思います。
私も初めは気づきませんでしたが、日記の更新回数が増えると、余計に私だと分かってしまうリスクも大きくなっていくのです。
それに気づかずにいた時のことです。
日記のコメントに、『たぶん、リアルで僕のこと知っていると思うので、気になったらメッセージください。』とコメントが付いていました。
私は怖さと戸惑いでメッセージを送るのを避けていましたが、
次第に気になってしまい、とうとうメッセージを送ってしまったのです。
もちろん相手のプロフィールも確認しましたが、私は誰だか分かりませんでした。
それからしばらくメッセージのやり取りをしていて、相手は私の事が私であると明確にされてしまいましたが、私は相変わらず分かりませんでした。
私が何度か問い詰めると、『会えば分かる』と切り返されてしまいました。
そして、私は彼に促されるような感じで、会うことになってしまったのです。
相手は私の連絡先を知っているという事で、ドタキャンすることも出来ませんでした。
そして、待ち合わせ場所に来たのが、娘の彼氏だったのです。
正直、驚きましたが、怖さよりも少し安心感も出てきたのも事実です。
彼ならば、そんな無茶はしない性格だという事も、何度も家に遊びに来ていたので知っていました。
私は躊躇しましたが、血気盛んな彼に強引にホテルに連れ込まれてしまいました。
彼は私の体に若さをぶつけるが如く、激しいHをしてきました。
十数年ぶりに男に抱いてもらった私の体は始めのうちは鈍かったものの、
彼の愛撫に促されているうちに、自分でも驚くくらい敏感になっていました。
シャワーも浴びていない私の体を彼の舌が這いまわり、肝心な部分はかなり焦らされながら、私は次第に彼の頭を手で押さえて、自らその愛撫を求めていました。
耳を少し噛まれたり、舐められた後に、彼の手が私の乳房に伸びてきて、少し乱暴に揉まれながら、
「母娘で同じように感じるのかな?」と囁かれると、恥ずかしさや屈辱感もありましたが、それ以上に興奮しました。
乳首を強く抓られて、こねくり回されることに弱いのですが、それも娘と同じようです。
抓られながら上に突き上げられた乳首に彼は唾液を垂らすと、そのまま指の腹で強く擦りました。
痛いぐらい擦られましたが、私にはそれが気持ち良いのです。
乳房に彼の手の跡や抓られた跡が残るくらい激しく愛撫されました。
まだ乳房への愛撫が続いていましたが、彼は私に「足を開いて、いつも日記書いているときみたいに、自分でマ○コを慰めてみてよ。」と言われると、
私は恥ずかしさから、拒否しましたが、彼の愛撫が止まってしまうので、私はそのうち彼が見ている前で、自分の股間に手を伸ばしました。
「もっと足開いて、ちゃんと見せてよ。」と言われながらも、私の手は動いていました。
私の両手の指先がかなり濡れ始めたころ、彼は私の股間の方に移動して、私の足を思いっきり開きました。
シーツにも垂れはじめていたことは、私のお尻が少しひんやりしてきたことで分かりましたが、
手の動きを止めることが出来ませんでした。
そして、彼はその様子を私に伝えてくるのです。
私は彼のを欲しがっていました。
彼は焦らすように、そして、私をもっと淫らにさせたいかのように、言葉でさらに辱めてきました。
ようやく彼のを口に含めることが出来た時には、私の理性はほとんどなかったと思います。
私は左手を彼のに沿わせながらも、右手はしっかりと自分の股間で動かしていました。
彼は私が「マ○コに入れてください。」とお願いするまで、入れてくれませんでした。
彼のが入ってきたときに、私の腰は少し浮きましたが、さらに驚いたのは、彼のが私の中でさらに大きくなっていったような気がしたのです。
大きくなるのを感じるに従って、私の中は、もうめちゃくちゃにされてるような感覚がありました。
特に四つん這いにされての後ろから突かれながら、お尻の穴に指を入れられてしまったときは、どうしようもない感覚に襲われていました。
時折、彼が口にする「娘と一緒だな。」という言葉も、その時の私にとっては興奮材料の一つでした。
「どこに出して欲しいんだ?」の彼の言葉に私は思わず、彼の腰の辺りを手で押さえてしまい、今度は彼が戸惑っていましたが、
私の中で彼が果てたのです。
彼は私の中から出てくる精液を指で押し込むようにしつつ、今度はその指を私の口に入れてきました。
彼は私の体を少し撫でた後に、シャワーを浴びに行きました。
しばらくはベッドでぐったりしていましたが、どうして良いのか分からないでいると、彼はシャワーから上がってきてしまいました。
私はシャワーを浴びながら、娘に対する罪悪感、家族全員に対する罪悪感が出てきてしまいました。
シャワーから出ると、私の気持ちを見越したかのように、彼は
「1回やっちゃえば、2回も100回も同じだよ。」
と言われてしまいました。
言い返す言葉すら見つからず、私は服を着ようとしました。
ところが、下着が見つかりません。
私はタオルを巻いたまま探していましたが、
彼はそれに構わず服を着ました。
彼の表情がいたって冷静だったので、ただでさえ弱みを握られている上に、それが怖く感じてしまい、聞く事すら出来ませんでした。
「下着なんか、どこかで買えば良いんじゃない?」と彼は早くホテルの部屋から出たそうな感じで話しました。
私は彼の目に促されるように、ほぼ強制的に下着なしで服を着て、街中を歩くことになりました。
そして、そのまま家に帰ったのです。
それから数日間、私はどこか引け目を感じながら生活していました。
特に娘に対しては、挙動不審になっていたと思われます。
しばらくしてから、彼が娘に連れられて、うちに遊びに来ました。
うちで娘と高校生の息子と一緒に夕飯を食べてからの事、食器の片づけを手伝ってくれました。
息子はしばらく話した後に、試験が近かったこともあり、部屋に上がり、娘と彼はリビングで話をしていました。
私はまだキッチンに立っていました。
娘がトイレに行った時の事です。
彼がキッチンに来て、パーカーのポケットから、丸まったものを取り出し、私に見せました。
それは私と彼が関係を持った時に、私が着けていた下着だったのです。
動揺している私の耳元で、彼が「今これを着てみてよ。」と言われました。
その時の私の格好は、上はトレーナーに下はジーンズで、下着を着替えるには、全て脱がなければなりませんでした。
娘もトイレに行っていただけなので、すぐに戻ってきてしまいます。
そう思って、躊躇していると娘がリビングに戻ってきてしまいました。
彼は少し不満そうにしながら、娘のところに戻っていきました。
私は、受け取った下着をキッチンの棚に隠すと、また翌朝の段取りを始めました。
すると、再び娘はリビングを出ていきました。
彼はまた私のところに来て、目で促していました。
出来ないと私が小声で言っても、彼は無言で見つめてきているだけでした。
威圧感を感じてたじろいでいると、彼は私が隠した下着を取り出して、目の前に置きました。
私は仕方なく、彼の前で自宅で全裸になり、下着を着替えました。
元々着けていた下着は彼が再びパーカーのポケットに仕舞っていました。
娘が戻ってくるまでの間、彼は私のトレーナーの裾から手を入れて、胸を鷲掴みしていました。
娘が戻ってきても、少しの間ですが、彼の行為は収まらず、私は目で彼に訴えました。
その彼の手が止まったのは、娘に声を掛けられた時でした。
それからしばらくして、彼は娘と出掛けていきました。
彼が出て行ったあと、私は全身の力が抜けて、思わずキッチンの床に膝から崩れてしまいました。
また今後もこれが続くのかと思うと、憂鬱になっていました。
翌朝、彼から連絡があり、呼び出されました。
抵抗する気も失せていた私は、それに応じて待ち合わせ場所に向いました。
ホテルへと連れ込まれるわけでもなく、ランチをし、お茶を飲み、少しデート感覚なところがありました。
その後、ホテルに連れて行かれるのかな?と思っていると、何事もなく、彼はそのまま帰っていきました。
私は逆に呆気にとられてしまいましたが、後から怖さを感じてしまいました。
その日の夜、気になってしまい、彼に私から連絡をしました。
彼曰く、「Hしようと思ったけど、そういう気分ではなくなっただけ」と言われてしまいました。
そして、「そういう時もあるから。」と言われて、電話を切られてしまいました。
それからしばらく彼からの連絡もなく、娘にそれとなく彼の状況を聞いているだけでした。
しかし、しばらく連絡もないが、気になる存在というのは、徐々に自分の中でその割合が増えていくものでした。
そして、私は自分から彼に連絡をしてしまったのです。
さらに、彼と会う約束を私の方から取り付けてしまいました。
娘を参考にして、彼が好きそうな服装で、私としてはかなり若作りをして勇気が必要な格好でした。
そんな私を彼は喜んでくれて、少しお茶をした後、ホテルへと向かい、可愛がってくれました。


まみの飼い主  反りマラで
リスト一覧に戻る 

スローセックス 無料体験プラン

無料で施術いたします。
セックスの強要は、ございませんので、ご安心ください。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

お申し込み時に、スローセックス無料体験プランとお申し付けください。
180分程度のお時間をいただきます。
お時間が延長となってしまった場合でも、追加料金は、必要ございません。
完全無料ですので、ご安心ください。
●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、お断りさせて頂きます。
35歳以上の方は、ホテル代のみ ご負担お願いします。

スローセックス

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@refletokyo.com

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

ライブチャット パフォーマー募集中

エンジェルライブ
マシェリチャット
DMMチャット
チャットピア
ライブチャットジュエル
マダムライブ

オイルマッサージHOME > 人妻秘密の体験告白 > ネットの落とし穴 【スローセックス無料体験】