遊園地 【スローセックス無料体験】

遊園地 【スローセックス無料体験】

リフレ
2012-07-12
性感オイルマッサージ女性専用HOME > 人妻秘密の体験告白 > 遊園地 【スローセックス無料体験】

遊園地 スローセックス無料体験

本サイトの体験談ではありません。
ご注意ください
人妻秘密の体験告白掲示板
最初はこんな簡単に見ず知らずの男性に身体を委ねてよいものかと、悩んだ時期もあります。
しかし、一度経験してしまうと
淡白な夫だけではどうしても我慢できず。
もう止めよう、これで最後にしようと思いつつ――
また激しいセックスを味わいたくて、知らない男に抱かれたくて
サイトにアクセスしてしまうのです。
「セフレ」という言葉はあまり好きではないのですが、セフレ関係の男性は3名ほどいます。
しかし、何度か抱かれた男とのセックスはどうしてもマンネリ化してきてしまう。
やはり、全く初めての男性とセックスするのが一番刺激的。
それに何度も肌を重ねると段々と情が移ってくるというか、執着したりされたりするようなこともありますが
後腐れなく、一回、もしくは一夜だけの関係が理想的。
今まで何度となく見ず知らずの男に抱かれましたが、
全く知らなければ知らない程
自分でも驚くくらいに大胆に、そして淫らに振る舞い、官能の世界に没頭できるようです。
「欲求不満です。何も言わずに抱いて下さい」
この書き込みに一番早く反応してくれた男性と会うことに。
待ち合わせは喫茶店や駅の改札、たまにラブホテルの前
というのが普通でしたが、この時指定された場所は遊園地。
真昼間の遊園地、子供連れやカップルで賑わっているだろう場所へ行って
一体何をするつもりなんだろう。
まさかこんなオバサンとデートでもないだろうし、
わざわざ絶叫マシーンに乗るために会うわけでもないし・・・
多少不審に思いながらも指定された遊園地の入口に到着。
グレーの長袖Tシャツにジーンズ姿の40前後の男性が今日のお相手。
多少禿げてはいるものの、物腰の柔らかい喋り方。
キレイな肌ですね、なんて褒められて、少し浮かれて。
久々に来た遊園地。
想像通り親子連れやカップルの姿が目立ちます。
平日の昼間、のどかな遊園地。
空いているわけでもないけど、混雑しているわけでもない。
手なんて繋いでデートしている私と男。
ほのぼのするより、もっとエッチなことがしたい私。
繋いだ手がとてもじれったく感じられる。
時たま会話をしながらフラフラと園内を歩く。
一体どうするつもりなのかしら?
「まずはコレ乗りましょうか」
男が立ち止まったのは、薄暗い川の中を船のようなものが自動で進むもの。
大したスピードは出ないようだ。
5分程待って乗り込んだ。ジェットコースターのように身体を固定するわけではなく、手摺に掴まるだけの構造。
一番後ろの席に座るなり、男は私のアソコに手を置いた。
ビクンとなる私。
「声とか出したら駄目ですよ」
男が小声で囁いた。
私たちの前には母親と子供の2人が乗っている。
周りが薄暗いので私の太腿の間にある男の手が見える心配はなさそうだが、
声は筒抜けの距離。
このシチュエーションだけで、私は恥ずかしい位に濡れてしまう。
ガタンと大きく揺れてから船のような乗り物が動き出した。
その大きな揺れに合わせて、男の人差し指がググっと割れ目に埋もれた。
「んうんっっ」
思わず声が出て、咳をしたように誤魔化した。
一瞬、前の席の子供が振り向いたので、ドキドキしてしまう。
男が触りやすいように、私はぴったりと閉じていた膝をゆっくりと左右に開く。
同時に、男の股間に手を載せる。
微かに隆起し、固まりはじめている感触。
少しだけ左右に撫でてみる。
撫でた分だけ、ムクムクと掌の中で大きく、硬くなるようだ。
私の手の動きに合わせるかのように、男の手も徐々に私の奥へと侵入してくる。
いつの間にかスカートの裾から手を突っ込んで
下着越しにクリを責める。
直に触ってほしいけれど、そんな事はできない。
もどかしい思いが、男をしごく手を早める。
がたたんっ
大きい音が響き、ふっと腰が浮いた。
段差。船が滝から滝つぼへ落ちるような感じ。
「んっっっ」
その衝撃で、またまた男の指が、割れ目の中へと突き刺さる。
また声を出してしまった。
今度は前の子供もキャーキャー言っているので気付かれてはいない様子。
少し奥まで突き刺さった感じのまま、そのアトラクションは終了。
下着は愛液で既にびっしょりと湿っている。
歩く度にグチュっと音がするようで恥ずかしい。
「ちょっとトイレ・・・」
「だめ」
「え?どうして??」
「だって拭き取りに行くんでしょ?」
「そうだけど・・・」
「やっぱり。せっかく濡れたのに拭き取るなんてだめだよ」
すっかり見透かされているようで驚いた。
男は私の腕を掴んみ、ずんずんと歩いていく。
強引に引っ張られる感じ。またジュワっと溢れ出す感じがした。
次に立ち止まったのは観覧車。
これは定番というか、密室なら遠慮はいらない。
思い切り声も出せる。ただし、激しく揺らせないのが難点。
嬉しくなって、男の腕に絡みつく。
「いってらっしゃいませぇ~」
若いお姉さんがニコニコと送り出してくれた。
絶対キス位するんだろうなぁ、と、思っているんだろうな。
そんな可愛いことでは終われないけど。
係員が見えなくなると、男はスグに私の隣に座る。
ディープなキスをしながら、再び太腿の中に手が伸びてくる。
さっきの余韻で、もう下着まで濡れて、ヌルヌルしているハズだ。
指先がクリに触れる。
「ああっん」
大きな声とともに、上半身がのけ反る。
男はそのまま下着をずらし、クリを指で摘みながらコリコリと動かした。
そして一気に激しい指使い。
「ああああああっっあああっ」
大声を出しながら、観覧車の中でイってしまった。
私たちのいる位置は、丁度一番高い場所と一番低い場所の真ん中位。
まだ4分の1といったところだった。
私は観覧車の床に膝をつき男のズボンを剥ぎ取った。
垂直に勃った肉棒がポロンと目の前に現れる。
血管が浮き出して、ちょっと青黒い。
大きさは普通だだったが、カリが張り出している。
コレで膣中をぐちゃぐちゃに掻き混ぜられた時を想像し、うっとりとなる。


友達の息子  失敗しちゃった
リスト一覧に戻る 

スローセックス 無料体験プラン

無料で施術いたします。
セックスの強要は、ございませんので、ご安心ください。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

お申し込み時に、スローセックス無料体験プランとお申し付けください。
180分程度のお時間をいただきます。
お時間が延長となってしまった場合でも、追加料金は、必要ございません。
完全無料ですので、ご安心ください。
●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、お断りさせて頂きます。
35歳以上の方は、ホテル代のみ ご負担お願いします。

スローセックス

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@refletokyo.com

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。