以前の書き込んだ人 【スローセックス無料体験】

以前の書き込んだ人 【スローセックス無料体験】

リフレ
2012-07-12
性感オイルマッサージ女性専用HOME > 人妻秘密の体験告白 > 以前の書き込んだ人 【スローセックス無料体験】

以前の書き込んだ人 スローセックス無料体験

本サイトの体験談ではありません。
ご注意ください
人妻秘密の体験告白掲示板
昨年の冬が始まる頃から、彼と連絡が取れなくなり、それでも私はしつこく連絡していました。
息子は連絡が取れていたみたいなので、嫌われたのかと思っていましたが、それにしても突然すぎたので受け入れられませんでした。
年が明けて、踏ん切りが着いた頃に、彼から連絡がありました。
私も馬鹿な女で、出なきゃ良い電話を出てしまいました。
声を聞いたら、会いたくなってしまうと思っていても、はっきりさせたい思いもあったのです。
ところが、久しぶりに連絡してきたのに、電話では完全に彼のペースでした。
30分ほど電話したのですが、私が素っ気なく出来たのは、始めの1分くらいでした。
最後は私はトイレに籠り、彼に言われるがまま自分で慰める行為の声を彼に聞かせていました。
恥ずかしいことをたくさん言わされたりもしたのです。
そして、最後には私の口から「会いたい。抱いてほしい。」と言ってしまいました。
会ってくれることになったのは良いものの、始めは少し複雑な心境でした。
しかし、日が近づくにつれて、ドキドキしている自分がいました。
想像しただけで、体が疼きました。
当日、私は以前と変わらずに下着は着けずにスカートにハイソックス、上はカットソーにコートを羽織っただけの格好で出掛けました。
久しぶりにその格好で街を歩いたので、緊張してしまいました。
待ち合わせ場所も人通りがあまりない所だったのですが、彼は会うなり私にキスをしてきて、コートのボタンを全て外しました。
そして、コートの中のカットソーを捲り上げて、私の胸を露出させて、外で愛撫したのです。
それだけで、恥ずかしさはありましたが、久しぶりの感覚に体がとろけそうになっていました。
彼の車まで少し歩いたのですが、スカートの中に手を入れられて、耳元で「やっぱり変態だね。」と言われただけで、体がさらに熱くなりました。
彼の車はビルの間にある100円パーキングの奥の方に止まっていて、コートを後部座席に置いて、助手席に乗ると、
私は彼に言われて自分でカットソーを捲り上げて、足も広げて、恥ずかしい所も晒しました。
彼は私の乳首に吸い付きながら、指で私のマ○コに触れました。
すでに、濡れている事を言われて、恥ずかしかったのですが、足は閉じませんでした。
私の中に彼の指が2本入って、乳房を鷲掴みにされながら、彼は「続きがしたい?」と聞いてきました。
私は彼の手を押さえて、「したい。」と答えました。
彼に衣服を正されて、私は駐車料金を支払いに車を一度降りました。
車に戻ってきた私に彼はキスをしてくれて、それから私はいつものように、彼のズボンのチャックを開けて、彼のを取り出し、助手席から乗り出すように口に含みました。
もちろん対向車や信号待ちなどありましたが、構わずに私は彼のをしゃぶっていました。
「我慢できない?」と頭の上から彼に聞かれて、私は口に含みながら頷くと、彼は近くにあったホテルに入ってくれました。
それから彼と離れられずに、エレベーターの中でも彼に愛撫をしてもらいました。
エレベーターの床に垂れるくらい、私のマ○コも濡れていて、垂れたものを見た時にすごく恥ずかしい思いをしました。
部屋に着くと、彼はソファに座り、私はその前に膝をついて、彼のズボンとパンツを下していました。
彼も私のカットソーを脱がして、私は彼のを口に咥えながら、スカートも靴下も脱いだのです。
「ベッドに行きたい?」と聞かれて、私が彼の股間で頷きました。
ベッドに移動し、69をしているときに、私はいかされてしまいました。
彼も驚くくらい早くて、自分でも驚いていました。
彼の足先やお尻の穴も舐めさせてもらい、おねだりしました。
そのまま私が上になって、彼のを入れた時、まだ奥まで入っていないのに、私の体が震えたのです。
そして、彼が私の腕を引っ張って、押し込むように入れると、震えと言うか痙攣が激しくなりました。
彼に倒れこんでしまった私を彼は私の両乳房に手を掛けながら起こし、下から突き上げました。
何かが弾けたような感覚になり、さらに突き抜けていくような感覚にも陥りました。
ベッドの振動も彼と一緒に私を攻めたてているような感じでした。
「自分で腰を動かして。」と言われた私は彼のお腹に手を付いて、なんとか腰を動かそうとしましたが、
1,2回動いただけで、おかしくなりそうでした。
もう常にいっているような状態になっていたのです。
途中で彼が上になり、激しく動かされると、私は言葉にならない声を上げていたと思います。
意識してないのに、全身に力が入ってしまい、もう自制することが出来ませんでした。
ピルは飲んでいるので、彼が私の中に出してくれるまで、ほとんど頭の中には記憶がないのです。
ただ体が記憶していて、私の体に彼の指が触れただけで、変な反応をしてしまう体になっていました。
彼は始めは驚いていたのですが、そのうち楽しみ始めました。
私の乳首を抓って、少しこねくり回していても、私がいってしまうのです。
お尻を数回強く叩かれて、私はいってしまうのです。
初めての事だったのですが、私が戸惑う暇もなく、私は何度も簡単にいかされてしまうのです。
そのうち、私は汗だくで肩で息をしていましたが、彼が触れていないのに腰が勝手に動いていました。
意識が半分以上なくなっていたかと思います。
彼が私の頬を軽く叩くと、私もようやく目を開けました。
「誰にこんな体にさせられたんだ?」と彼が聞いてきました。
私は何を彼が言わんとしているのか分からず、答えに困っていました。
すると、彼が「浮気したな?」と聞いてきて、再び乳房を抓り始めました。
私が「してない」と何度も言っていましたが、彼は何度も抓ってきて、乳房には青く跡が出来てしまいました。
彼は私にキスマークをたくさん付けてから、私の下の毛を剃り始めました。
「淫乱、浮気女だから、これでも誰かとやるんだろうな。」
と言われると、私は彼の私への執着心が少しうれしかったものの、複雑になりました。
シャワーを浴びているときに、お互いに一通り体を流した後、私の中にシャワーヘッドを入れられました。
何度かしていたのですが、久しぶりだったからか、少し痛みがありました。
しかし、彼が何度か水圧や温度を変えたりしているうちに、私は久しぶりの快感に浸り始めました。
床に四つん這いになった私の目の前に彼があり、私は口でそれを咥えました。
湯が張っていない浴槽に彼が腰を掛けると、私からシャワーヘッドを抜いて、私が彼と向き合うように、上から彼のを入れました。
「窓開けてごらん。」と言われて、私が手を伸ばして、窓を開けて、恥ずかしい声を外に聞こえるようにしました。
ところが、私の全身が痙攣がまた始まってしまったのです。
彼は膣痙攣を恐れて、ゆっくりと動きながら、私のマ○コをマッサージし始めました。
内側から外側に掛けてマッサージすると、その周辺の筋肉の硬直が防げるのです。
私が彼に安心して、身を委ねられる理由の一つが、そういった知識に詳しいことでもありました。
そんな事をしながらも、何かが彼のツボにはまってしまったようで、彼は2回目でしたが、いつもよりも早く私の中に出しました。
再びシャワーをゆっくり浴びて、体を暖かくしてから、服に着替えました。
フリータイムの時間帯に入ったとは言え、家族がある身ですから、意外にゆっくり出来ません。
彼に送ってもらう途中に、コンビニに寄り、彼は油性マジックを買いました。
そして、私の股間にいたずら書きをしてしまったのです。
私は恥ずかしくなりましたが、彼の悪戯心が可愛くも思えました。
今回は夕方に帰宅したので、家の前で彼のを咥えませんでしたが、直前にキスをしてくれました。


学生時代の先輩と  困ってます 3
リスト一覧に戻る 

スローセックス 無料体験プラン

無料で施術いたします。
セックスの強要は、ございませんので、ご安心ください。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

お申し込み時に、スローセックス無料体験プランとお申し付けください。
180分程度のお時間をいただきます。
お時間が延長となってしまった場合でも、追加料金は、必要ございません。
完全無料ですので、ご安心ください。
●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、お断りさせて頂きます。
35歳以上の方は、ホテル代のみ ご負担お願いします。

スローセックス

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@refletokyo.com

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

ライブチャット パフォーマー募集中

エンジェルライブ
マシェリチャット
DMMチャット
チャットピア
ライブチャットジュエル
マダムライブ

オイルマッサージHOME > 人妻秘密の体験告白 > 以前の書き込んだ人 【スローセックス無料体験】