同じマンションの男性 【スローセックス無料体験】

同じマンションの男性 【スローセックス無料体験】

リフレ
2012-07-12
性感オイルマッサージ女性専用HOME > 人妻秘密の体験告白 > 同じマンションの男性 【スローセックス無料体験】

同じマンションの男性 スローセックス無料体験

本サイトの体験談ではありません。
ご注意ください
人妻秘密の体験告白掲示板
私たちがこのマンションに入居してきて、すぐにマンション内の懇親会がありました。
私は家族で参加していましたが、そこにまだ30代前半と見える男性1人で参加している方がいました。
まだマンションは出来たばかりだったし、そんなに入居者同士に親交があったとも思えなかったのですが、結構彼に話しかけている方がいたことで、私も気になってしまいました。
ちょっと距離も離れていたのですが、私が見ていたせいか、何度か目が合ってしまい、男性の方から声を掛けてきてくれました。
普段は人見知りの主人も自然とその和に入ってこれるくらい、雰囲気を作るのがうまい方で、子供たちともすぐに打ち解けていました。
それ以降、彼と私たち家族の親交が深まり、子供たちが彼の家に遊びに行ったり、主人と飲みに行くだけでなく、一人暮らしの彼が私たちの家で夕飯を食べたりしていくようになりました。
彼の仕事がカーデザイナーで、中々忙しいみたいですが、小学生の息子が将来カーデザイナーになりたいと言うほど、息子と接してくれています。
それからしばらくして、主人の海外赴任の話がありました。
子供の学校の関係もあり、主人は単身で2年限定という海外赴任へと旅立ちました。
それから2週間も経たないころでした。
彼が子供に連れられて、夕飯を食べに来たのです。
子供にせがまれて、彼はお風呂も一緒に入っていきました。
そのまま帰ろうとする彼に、私はビールを出しましたが、それはあまり彼と2人きりで話す機会もなかったので、良い機会だと思っていただけでした。
彼の「奥さんは飲まれないんですか?」と言われて、私も一緒に飲んでいました。
彼の仕事の話になり、彼は一生懸命に説明してくれたのですが、どうしても分からない事が出てきてしまい、どうせなら・・・と彼の家に連れて行かれました。
お酒のせいなのか、元々なのか分かりませんが、一人暮らしの男性の部屋に入ることに対して、多少の罪悪感はありましたが、抵抗はあまりなかったのが、自分でも意外でした。
彼の書斎みたいな部屋で、説明されているうちに、彼の手が私の胸元に入ってきました。
私もパジャマみたいな格好の上に薄手のカーディガンを羽織っていて、ブラは着けていなかったので、彼の指は私の乳首に達し、コロコロと転がし始めました。
私は彼の手を押さえながら、口では抵抗していましたが、あくまでも建前でした。
座ったままでしたが、上半身はいつ脱がされたか分からないくらいに愛撫が上手で、私は自分で彼の机の上に足を乗せていました。
椅子の上で全裸にされた私を彼はお姫様抱っこをして、ベッドに運びました。
ベッドの上で彼の激しく時折優しい愛撫が私の全身を襲いました。
まるで目隠しされているかと思うくらい、意外な場所を突然愛撫されたりもし、予測不可能でした。
私の弱点がクリトリスといわゆるGスポットなのですが、そこはすぐに見抜かれ、それ以外でも今までにないくらい感じさせられて、愛撫だけで何度かいかされました。
彼から「5回イッタラ、咥えさせてあげるよ。」と言われ、私の中では『すでに5回は・・・』と思いつつも、それ以降は私が初めて潮を吹いてしまうくらい感じさせてもらいました。
やっと咥えられた私に彼は、「足の指先から、お尻の穴まで全部舐めてね。」と言われて、私はその通りにしました。
主人でもここまでしたことはありませんでした。
彼の大きさは主人よりも一回り大きいくらいでしたが、若さなのか、それ以上のものを感じてしまいました。
69の体勢になると、私は咥えたまま動けなくなるくらい感じさせられて、彼の股間で私はむせて咳をしてるだけの状態でした。
彼は私のアナルにも、両手の指1本ずつを入れて、拡張してきました。
それまでアナルは弄られた事はあったものの、ここまで広げられた事はありませんでした。
私は驚いていましたが、反抗するような事はせず、ただ入れてもらいたい一心で、彼のを咥えていました。
正常位で彼は私の両肩を力強く抑えて、腰を打ち付けるように挿入してきました。
彼が腰を打ち付けるたびに子宮に響きました。
子宮に押し付けられたまま、腰を回された時は、私はおかしくなりそうでした。
彼はそんな私に「これからも寂しい時は、お子さんたち同様にここにおいで。」と言われて、私は頷くと、「『お願いします』だろ?」と彼は笑いながら言ってきたので、彼に言われた通り「お願いします。」と言ってしまいました。
「一回りも年上の女がヒーヒー言ってると、やっぱり面白い。」と彼は自分の趣味をぽろっとこぼしたのが、気になりましたが、私の体はそれどころではありませんでした。
彼はそのまま私の顔に出しました。
少し2人でゆっくりして、彼に促されて、シャワーを2人で浴びている時でした。
シャワーの水滴の一粒一粒にやたらと反応してしまう私がいました。
彼はそれを見て楽しみ、私にシャワーを掛けてきました。
股間にシャワーを掛けられると、私は途中から立てなくなるほど感じてしまい、浴室の床に四つん這いになってしまいました。
彼は私の股間にシャワーを当てながら、前からは私の口の中に自分のを入れてきました。
しばらくしてから、彼は私の後ろに回り、シャンプーを自分の股間に塗っていました。
そして、私のアナルの中に彼が入ってきたのです。
アナル初体験がそんな感じで、正直思っていたほど痛くなく、かと言って、そんなに感じるものでもないというのが、感想ですが、彼は私のお尻に打ちつけるように、そして最後は中に出して、終わりました。
彼に正直に感想を言うと、彼自身もそんなに盛り上がらなかったらしく、それ以降はアナルはマンネリ防止の為にしかしてません。


不倫  他の人を知りたくて
リスト一覧に戻る 

スローセックス 無料体験プラン

無料で施術いたします。
セックスの強要は、ございませんので、ご安心ください。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

お申し込み時に、スローセックス無料体験プランとお申し付けください。
180分程度のお時間をいただきます。
お時間が延長となってしまった場合でも、追加料金は、必要ございません。
完全無料ですので、ご安心ください。
●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、お断りさせて頂きます。
35歳以上の方は、ホテル代のみ ご負担お願いします。

スローセックス

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@refletokyo.com

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

ライブチャット パフォーマー募集中

エンジェルライブ
マシェリチャット
DMMチャット
チャットピア
ライブチャットジュエル
マダムライブ

オイルマッサージHOME > 人妻秘密の体験告白 > 同じマンションの男性 【スローセックス無料体験】