高校生の彼 【スローセックス無料体験】

高校生の彼 【スローセックス無料体験】

リフレ
2012-07-12
性感オイルマッサージ女性専用HOME > 人妻秘密の体験告白 > 高校生の彼 【スローセックス無料体験】

高校生の彼 スローセックス無料体験

本サイトの体験談ではありません。
ご注意ください
人妻秘密の体験告白掲示板
主人は9歳年上の36歳で、4歳の子供がいます。
よく不倫の話は耳にしますがまったくの他人ごとで、
ちょっとしたきっかけからいま年下の男の子にはまっています。
相手はパート先のバイト君で高校3年生。
私もさすがにビックリしたんですが、
「好きです、付き合って下さい。」って告白されちゃったんです。
でも、一応「あたし、25のオバさんよ。結婚しているし・・」
(3つサバを読んでいる)って断ったんですが、
告白も一回だけじゃなくて何回も真っ赤になりながら
「1度でいいからデートして下さい。」って言われて、
なんかかわいくなってきちゃって「1回ぐらいイイかなっ!」って
OKしてしまいました。
デートといっても、とりあえず軽く食事して、
映画見て、カラオケして帰ってくるつもりだったんです。
高校生と話とか合うかなってちょっと心配だったんだけれども、
彼が必死に話をあわせようと言うのが
ものすごくわかってかわいくて、以外と楽しかったです。
その日はがんばって少し露出度の高い服を着ていたんで、
ずっと彼の視線を胸の谷間とか、
ちょっとひらき気味の短めのスカートの中
とかに感じていたんです。
だから次のカラオケ店でもわざと足を組み替えたり、
わざとかがんでみたり、彼と腕を組んでわざと
胸が当たるようにしてみたり、
お尻にも触れるように挑発してみたんです。
そしてあんまりにも彼の視線を感じるもんだから、
少し酔っていたせいもあってわざと
「あー、エッチィ」って言って彼のアソコを見てみると、
彼って真っ赤になって否定したんだけど、
どう見ても股間が大きく膨れてる感じ。
そしてもっと大胆に彼の横にピッタリくっついて
「彼女いないの?」
「いないよ」「じゃあ、女の子と付き合った事は?」
「無い」「ウソ! カッコイイのに?」
「ウソじゃないよ。ホントにないんだよ」 
ますますかわいくなって、いたずらしたくなったので
「じゃぁこんな事したことないの?」って
キスして胸に手を持って行ったの。
それから手を添えたまま回すように触らせてあげたんだけど、
そのうち手が自分で動くようになって、
私もさらにもっと大胆に「じかに、触ってみたい?」
なんて誘いながらも彼の手を服の中へ入れてあげました。
彼も最初こそ戸惑っていたんだけれども、
童貞の割にはどこで勉強してきたんだか、
段々慣れてきて私の感じるところをいじってきます。
私もそのうちブラの中に指が進入して、
乳首を集中攻撃されたら感じてきちゃって
「したいの?」「う、うん。」
「ココじゃぁダメだから、ホテル行く?」「うん。」
もうたまんなくなって自分からラブホへ誘っちゃいました
移動中も彼はもうやりたくて仕方が無いのか
私の乳首やアソコをずっといじってきて
私のアソコはもうグショグショに濡れてしまっていました。
酔っているのと、しばらくご無沙汰してるのと、
さっきまでのでもう私もいやらしい汁が滴り落ちるようになってきたので、
部屋に入ったとたん、私から抱きついて
キスしながらベッドに押し倒してしまいました。
そのままいやらしく舌を絡めあうキスを
何回も繰り返し、私は彼をバスルームへ誘い出しました。
バスルームで彼を脱がせると、その若くてギンギンに反り返った
ペニスをみて私は「ああぁん、しあわせ・・・」なんて思いながら
我慢できなくなって彼の前にすわり根元まで
そのペニスを咥えこみました。
彼は初めての体験に呻きながらも、
私が5、6回グラインドさせたら
「うーーっ、ダメだー」と射精をしてしまいました。
その量、勢い共にすざましかったから、
私はむせ返り全部ゴックンでず口元から
その精液があふれ出してきてしまいました。
お風呂から上がっても彼のアソコはさっき抜いたのに
まだビンビンに反り返っているのですが、さすがにはじめての体験なので、
緊張しているようです。
だから「そんなにかたくならないで・・・。」って熱~いキス。
「ここなら好きなようにしていじっていんだよ、
でも、優しくしないと女は感じないの・・・。」
なんて、お姉さんしながらも、彼のしたいように任せてみました。
もうそのぎこちないながらも一生懸命なクンニで
ものすごい感じちゃって、ビラビラが広がり
いやらしい液がさらに溢れてきちゃった私は
自分からマンコのビラビラを押し広げて彼の前に
さらけ出してクンニを求めてしまいました。
彼はそのビラビラの妖しい呼吸から目が離せないようで、
私が「ちゃんと見てるぅ?」って聞いても、
「うん。ピンクの・・・(ホントかなぁ?)、
濡れて光ってる。」っていうのがやっとでした。
「ヤダァ、感想はいいのぉ。」って言いながらも、
ますます感じて濡れてしまいます。
彼の顔がだんだん私の股間の奥に入ってきて、
荒い息使いがとともにその舌も私のマンコに侵入してきます。
すぐに指も入れてきて実況するんですよ
「お姉さん、ヌルヌルしてる・・・、クチュクチュ音がするよ。
すっごいいやらしいよここが生きているみたいだ」
なんて実況しながらクンニしてくれるのでもう
私のオマンコもすっかり彼のものを受け入れるような体勢になってきました。
もうたまらなくなった私は「初めてだからゴムは私が付けてあげるね」って
言ってさっさとゴムかぶせて、上にまたがって彼を迎えました。
やっぱりおっきくて。剃り返りがすごくて
私のオマンコの上の襞襞にぞりぞりと当たります。
「あーーーーーーーーぁん・・・・。」なんて、情けない声が漏れてしまいます。
彼が私の中に入ってる、彼にとって私が初めての女っていうよろこびがありました。
私も感じすぎちゃって、彼のチンポをズッポリ奥まで迎え入れ、
子宮にごつごつ突き当たるチンポが気持ちよくって、
自分で彼の上で蠢いていきます。
彼は始めてと言うこともあって、すぐに我慢できなくなっって
「あぁ、イキそう、あぁ、あぁ、イッてもイイ?、あぁっ・・・。」って
言いながら、しがみついてオマンコに溢れんばかりの
精液をうめき声を上げながら放出してしまいました。
その量はゴムから溢れちゃうんじゃないかって言うくらいで、
びっくりしちゃいました。
私はイクことができなかったけど、
彼がこれだけイってくれたし、かわいい顔に免じて許してあげました。
私もいかなかったけど大量のエロ汁と潮吹きで
シーツ汚しちゃったのには驚きました。
でも、若いってやっぱりスゴイ。帰りのエレベーターだって
車の中だって彼はかたいままで、私は触られっぱなしで指まで入れられてちゃいました。
そんな状態だから別れ際に、私から彼のファスナーをおろして吸い取って上げましたが、
車の中でも抜いてあげました。
それでも濃い精液がドバドバ出てくるんですから
若いってすごいです。
それから私たちは定期的にあってセックスをする仲になりました。
もう半年ほどになりますが、今ではめっきり上達してちゃんとイカせてくれます。
二人のセックスが充実してくると不思議と主人との性生活も
断然濃厚になりました。


午後3時  職場の年下の彼と・・・
リスト一覧に戻る 

スローセックス 無料体験プラン

無料で施術いたします。
セックスの強要は、ございませんので、ご安心ください。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

お申し込み時に、スローセックス無料体験プランとお申し付けください。
180分程度のお時間をいただきます。
お時間が延長となってしまった場合でも、追加料金は、必要ございません。
完全無料ですので、ご安心ください。
●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、お断りさせて頂きます。
35歳以上の方は、ホテル代のみ ご負担お願いします。

スローセックス

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@refletokyo.com

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。