地元の・・・・ 【スローセックス無料体験】

地元の・・・・ 【スローセックス無料体験】

リフレ
2012-07-12
性感オイルマッサージ女性専用HOME > 人妻秘密の体験告白 > 地元の・・・・ 【スローセックス無料体験】

地元の・・・・ スローセックス無料体験

本サイトの体験談ではありません。
ご注意ください
人妻秘密の体験告白掲示板
まだ小学生の息子が2年生の頃からたまに面倒を見てもらっている近所の知り合いの男性がいます。
彼は昔からの知り合いで、私も主人も良く知っているので、安心していました。
基本的には、土日に主人が当時会社のお付き合いでお茶をしており、たまに私も同伴させられていた事から、子供をその方に預けて面倒を見てくれていたのです。
しかし、私自身はその付き合いに同伴する事に疑問があり、主人に反発して、主人の付き合いにも顔を出さずに、子供と一緒に彼の家に居る事もありました。
ある日、子供が昼寝をしてしまい、私も隣で一緒に寝てしまったのです。
しばらくしてから、私は自分の体を弄る手に気付いたのです。
その時には、その手はすでに私の上下の下着の中に入っていました。
私が目を覚ました事に気付いた彼は、「声を出すと、○○(息子)が起きちゃうよ。」と言われて、体をもぞもぞと動かしての抵抗はしてみたものの、すでに私の敏感な部分に触れていて、思うように抵抗できませんでした。
抵抗を止めると、彼は私に「別の部屋に移動しようか?」と耳元で囁き、私はその言葉に従いました。
私は服を乱されたままの格好で、彼の寝室へと移動し、乱暴に服を全て脱がされると、彼に足を広げられ、そのまま股間を舐められてしまいました。
今で言うところの、草食系男子の主人とは違い、激しい愛撫が繰り返される中で、私は素直に感じ始めてしまったのです。
彼が私の前に来たときも、私は自ら口に含んでしまったのです。
そして、彼に再び足を広げられて、彼を受け入れたときに、体の芯に響くような感じがしたのです。
それまでに数人の男性とお付き合いした事はあったものの、初めての事でした。
始め彼は私の中を探るようにかき回していました。
その後、私の中の敏感な部分が分かると、私に遠慮することなく、そこを重点的に彼のアレで責めてきました。
早漏の主人では、とても出来る事ではなく、私も次第に酔いしれていきました。
徐々に、私の腰から下は私に快感を与えるものだけの存在に思えてきました。
彼は私の体に放出する頃には、私の下のシーツはぐっしょりと濡れてしまいました。
しかし、それを直そうとするにも体が思うように動きませんでした。
そして、彼に「子供が起きたみたいだよ。」と言われて、やっと体が起き上がる始末でした。
慌てて、彼の液体を拭い、服を着て、髪を手で正してから寝室を出ると、
彼が息子をトイレに連れて行ってくれてました。
少し間が出来たので、私は衣服を正していました。
陽も落ちてきた頃、主人からの連絡で帰ることになり、彼が見送ってくれた時に、
「またおいで。」と息子ではなく、私の目を見て言ってきました。
家に帰っても、興奮はあったものの、罪悪感も出てきてしまいました。
なるべく彼の事を思わないようにしようとしても、息子や主人の口から彼の話題が出てきてしまいました。
そのたびに、心とは裏腹に体が反応していました。
そういった晩に主人を求めてみましたが、不満が募ってしまうばかりでした。
そして、また彼の家に息子を連れて行く日が来ました。
私はすごく興奮していたと言うより、不安とドキドキが一緒になっていました。
連れて行く前に彼にもちろん連絡をしたのですが、その時から彼に抱かれた事が頭の中で繰り広げられて、大変な事になっていたのです。
彼は私の顔をちらっと見てから、息子の手を引いて、部屋の奥へと連れて行くと、後ろを付いていった私に近づいてきました。
それだけで緊張しましたが、彼は「お茶を用意するね。」と一言言って、私の横を通り過ぎていきました。
私も手伝おうと一緒にキッチンに行くと、彼は待ち構えていたかのように、
「顔に欲しがっている事が書いてあるよ。」と笑われてしまいました。
彼は私の真後ろに立って、子供からは私が見えないようにしながら、私へ服の上から愛撫をしてきました。
その手は徐々に服の中に入っていきました。
私は突っ立って、体をもぞもぞと動かすだけしか出来ませんでした。
彼に、「時間がないかもしれないから、今のうちに下着は脱いで。」と言われて、彼の前で一度スカートを脱ぎ、パンストとパンツを脱いで、床に置きました。
彼の手は私のスカートの中に入ってきて、容赦なく敏感な所を愛撫し始めました。
「声を出したら、子供に聞こえちゃうよ。」と耳元で囁かれると、余計に興奮してしまいましたが、声はなるべく抑えていました。
ブラのホックを外されると、その手は私の乳首やおっぱいを愛撫し始めました。
それからすぐに、彼は「そろそろ、お茶を持っていかないとね。」と言って、私から離れました。
私は床に置いてあったはずの下着類がなくなっていたので、探していましたが、あまり時間を掛けてると、子供も怪しむので、結局探し出せないまま、子供のところへと行きました。
そして、子供がテレビゲームに夢中になってるときに、2人して寝室に行き、服を着たままでの関係を持っていても、やはりあの衝撃が来ました。
彼が私のスカートの裾を私の背中の後ろに入れてくれていなかったら、私のスカートはびしょぬれになってしまっていたくらい、シーツをまた汚してしまいました。
事を終えた彼は、私にキスをしながら、
「女性は3回したら、相手に情が移るって言うけど、次にやるかどうかは、自分で決めなよ。」とちょっと突き放すように言ったのです。
帰り際、今度は、息子の顔を見て、「またおいで。」と言っていました。
しかし、私は彼の言葉が気になりながらも、彼の話題が出るだけで、おかしくなりそうでした。
数日後には、主人には求めなくなっていた事に、自分で気付き、怖かったのですが、彼に自分で連絡してしまったのです。
その週末、私は子供を主人に面倒見てもらって、1人で彼の家に行きました。
半日掛けて、私は彼に可愛がられると、体が痙攣していました。
最後は、自分からせがんで彼に私の中に出してもらうまで、私は彼に落ちていってしまったのです。
その事があってから、私はピルを服用するようになりました。
そして、彼に定期的に抱かれるようになったのです。
しかし、彼には彼女がいて、私が本命になることはありません。


デカチンの虜  お尻
リスト一覧に戻る 

スローセックス 無料体験プラン

無料で施術いたします。
セックスの強要は、ございませんので、ご安心ください。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

お申し込み時に、スローセックス無料体験プランとお申し付けください。
180分程度のお時間をいただきます。
お時間が延長となってしまった場合でも、追加料金は、必要ございません。
完全無料ですので、ご安心ください。
●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、お断りさせて頂きます。
35歳以上の方は、ホテル代のみ ご負担お願いします。

スローセックス

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@refletokyo.com

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

ライブチャット パフォーマー募集中

エンジェルライブ
マシェリチャット
DMMチャット
チャットピア
ライブチャットジュエル
マダムライブ

オイルマッサージHOME > 人妻秘密の体験告白 > 地元の・・・・ 【スローセックス無料体験】