午後3時 【スローセックス無料体験】

午後3時 【スローセックス無料体験】

リフレ
2012-07-12
性感オイルマッサージ女性専用HOME > 人妻秘密の体験告白 > 午後3時 【スローセックス無料体験】

午後3時 スローセックス無料体験

本サイトの体験談ではありません。
ご注意ください
人妻秘密の体験告白掲示板
2年前にしたのが最後です。
若くはありませんが、私も女です。
欲求不満になります。何度か夫とも話し合いをしましたが、結局何も改善されず。むしろ余計に私を敬遠しているのか、最近では浮気の兆候も見えます。
完全に夫への興味を失った私。去年は出会い系にハマり、週に2回位のペースで、様々な男性と関係を持ちました。
結婚前にセックスした人数は3人。明らかに結婚してからの方が性欲が抑えきれなくなっています。
さて、そんな出会い系にも飽きてきた頃、こんな事がありました。
平日の午後3時。確か8月の暑い暑い日。
外へ出かけて帰ってきた時間が、ちょうど一番暑い時間で、私は汗びっしょり。
気持ちが悪いので、そのままバスルームへ直行し、シャワーを浴びていました。
すると玄関のチャイムが。
どうせ何かのセールスだから無視しようと思っていたのですが
湯上りの格好で出て行ったらどんな反応をするんだろう?
と、急にそんなコトを思いつきました。
濡れた髪の毛を軽く拭き、大振りのバスタオルを身体に巻いて玄関へ。
これで玄関を開けると女性が!
なんてことになったら、「あの家の奥さんは変態だ」って噂がたつかもしれない。
玄関まで来て急に怖気づいたものの、もう「はーい」と返事してしまった以上、出ないわけにはいかない。
ゆっくりと扉を開けると、真っ赤な帽子を被った若い男性が立っていた。手にはダンボールを持っています。
扉を大きく開けないと、荷物の受け取りはできません。
私は意を決して勢いよく扉を開けました。
・・・勢いがよ過ぎて、配達員さんの肘を扉でぶつけてしまいました。
「いてっ」
「あっ、ごめんなさいっ」
私があわてて駆け寄ると、配達員さんの顔はみるみる内に真っ赤になりました。
なんと、私も慌てていたためにタオルの前が外れてほぼ腰巻状態になっていたのです。
玄関先でこんな姿なんて、完全にパニック状態になり、ひとまず配達員の腕をグイと掴んで玄関の扉を閉めました。
私の顔を見ないように俯きながら、配達員はもじもじしています。
「あの、なんかすみません。サインだけお願いします。」
消え入りそうな声で言われて、その様子が小動物みたいで可愛くて、差し出された用紙とペンそっちのけで、彼の手を握りました。
「えっ、あっ、あのっ」
相変わらず下を向いている彼に抱きつきました。
ぐいぐいと身体をくっつけると、既にアソコが硬く張り出しているのが感触で分かりました。
そこから、配達員も私もスイッチが切り替わったように、夢中で求め合いました。
配達員は玄関マットの上に私を押し倒し、太腿をガバリと開かせてクンニ。そしてシックスナイン。
更に挿入。激しい律動に背中の玄関マットがどんどんずれて、痛かったけれど、久々に貫かれた悦びでいっぱいでした。
射精した後、配達員は帽子をまぶかに被り、ぽそりと言いました。
「またお願いします」
今度はいつ来てくれるのか、楽しみで仕方ありません。
というか、早速その日のうちにネットの通販でお鍋を買いました。


自宅で  高校生の彼
リスト一覧に戻る 

スローセックス 無料体験プラン

無料で施術いたします。
セックスの強要は、ございませんので、ご安心ください。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

お申し込み時に、スローセックス無料体験プランとお申し付けください。
180分程度のお時間をいただきます。
お時間が延長となってしまった場合でも、追加料金は、必要ございません。
完全無料ですので、ご安心ください。
●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、お断りさせて頂きます。
35歳以上の方は、ホテル代のみ ご負担お願いします。

スローセックス

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@refletokyo.com

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。