私の不倫体験 【スローセックス無料体験】

私の不倫体験 【スローセックス無料体験】

リフレ
2012-07-12
性感オイルマッサージ女性専用HOME > 人妻秘密の体験告白 > 私の不倫体験 【スローセックス無料体験】

私の不倫体験 スローセックス無料体験

本サイトの体験談ではありません。
ご注意ください
人妻秘密の体験告白掲示板
私が中学の先生をしていた時の15歳年下の教え子と不倫を続けています。彼を知るまで、私は主人以外の男性経験は皆無でしたが、今では彼、信夫君は主人より大事な人、愛する人となっています。
きっかけは卒業生のクラス会に呼ばれたときでした。会の幹事役だった信夫君が来賓の先生方にお酌をして回り、お酒が余り飲めない私を気遣って、「先生、庭に出て酔いを醒ましませんか。」と誘ってくれ、後に従いました。
大名屋敷の跡に建てられた料亭の庭は深山の趣きがあり、小道を散策しました。小川を渡る時、差し伸べてくれた彼の手に掴った後、彼は私の手を放そうとしません。私は胸の高鳴りを覚えながら歩きました。
途中の東屋の椅子に座ると、彼はごく自然に私を抱き寄せました。私は抵抗しましたが、「中学の時からずうーっと先生が好きでした。」と言われ、私の抵抗する力が弱まりました。
彼は再度強く私を抱き寄せ、接吻されました。私も差し入れてきた彼の舌を吸い返しました。接吻を続けながら、彼は「先生が好きです。」と繰り返して言ってくれました。彼の手が私の胸を愛撫し始めると、私は恍惚感に浸ってしまいました。右手が私のショウツを潜ろうと判った時も形だけ彼の手を押さえただけでした。彼に私のあそこがじっくり濡れているのを知られるのが恥ずかしいと思いました。彼は「随分濡れている、先生も喜んでくれているですね。」と言い、私も、「信夫君が可愛いと思っていましたよ。」と応えていました。
彼は意を強くしたのか、私のあそこを指でかき回しながら、私の胸をはだけさせ、乳首を口で愛撫してくれました。私は「ああー、信夫君!」と悶え声を押さえることができませんでした。
「先生、私の思い出に、近々、夕食をご一緒して下さい。」と言われた時、夕食だけで済まないと思いながらも、彼の提案にOKをしていました。

一週間後、出勤する主人に、「友達と夕食をするので、遅くなる。」と断って、その夜、指定されたホテルのレストランに出掛けました。
楽しい夕食の後、彼が「部屋をとってあるから、少し休みましょう。」と言われ、彼の後に従いました。


やっと終わりますねぇ^^  テトラポット
リスト一覧に戻る 

スローセックス 無料体験プラン

無料で施術いたします。
セックスの強要は、ございませんので、ご安心ください。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

お申し込み時に、スローセックス無料体験プランとお申し付けください。
180分程度のお時間をいただきます。
お時間が延長となってしまった場合でも、追加料金は、必要ございません。
完全無料ですので、ご安心ください。
●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、お断りさせて頂きます。
35歳以上の方は、ホテル代のみ ご負担お願いします。

スローセックス

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@refletokyo.com

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。