まともに見てしまった 【女子高生体験告白】

まともに見てしまった 【女子高生体験告白】

リフレ
2012-08-17
性感オイルマッサージ女性専用HOME > 女子高生体験告白 > まともに見てしまった 【女子高生体験告白】

まともに見てしまった 【女子高生体験告白】

本サイトの体験談ではありません。
ご注意ください
女子高生体験告白掲示板


まともに見てしまった 

学校の帰りの夕方5時半ごろ いま時期この時間帯は
まだ日も沈んでなく かなり明るいからよく見えたんですが

私の学校の帰り道は駅の近くの神社の境内を通って通う通学路になっています いつものように境内を抜けて帰ろうとしたとき 近くに犬が一匹縛られて座り込み寝ていました
飼い主がいなくて何か変だなあと思って回りを見渡しながら歩いていたら 少し奥まった廃車の横で二人の中年の男女が女性が前にかがむ形で男性が女性の腰を抱え込む格好で
後ろから腰を突き入れているのが目に入ってきた 私だって二人が何をしてるのかはおおよそ検討がついた 誰だろうと見直す形になって見てしまうと その男性の人は私の知ってる人で 女性も少し離れた場所で喫茶店を経営してる人でした
突然男性が見ている私の存在に気がつき こちらをじろりと
にらみつけてきました 私はにらまれた瞬間に体が固まってしまってその場を離れることも目をそらすことも出来ず
じっとしてしまうと (おねえちゃん よく見るんだよ)と
言わんばかりに動きを早めました 
向こう向きに背中を向けていた女性は私に見られてるなんて
知らないから車につかまって何か必死にこらえながら片方の手を男性のお尻に回して動きをあわせているようでした

少しして男性が女性の身体からすぐ離れ私に見えるように
左手で自分自身を手でつかみこすりだすと数回何かを出していました (射精した)と直感しかもニヤニヤしながら見られてることを知りながらです 女性はその間ただ黙って後ろを向いているだけで 男性が出し切るまで待っていた
そして男性に(おい 女子高生が見てたぞ )と女の人に話しかけていた 女性が(今の女子高生 私たちと同じことしてるんだから 見られたって平気よ)と言葉を返していた
私はその言葉を聴いて我に帰ったみたいでとっさにその場を
離れました 
実は私あの二人が行ってたようなことまだしていません
ショタコン  女子高生の体験告白
レス一覧に戻る  リストトップに戻る 

処女 処女喪失・ロストバージン
性感マッサージ師が 痛くない処方でお手伝い

■処女喪失・ロストバージン

 処女喪失・ロストバージンには、痛みがつきもの。まだ、バージンの方には、不安がいっぱいなことでしょう。もちろん、幸せな彼氏とのロストバージンの方が良いかもしれません。でも、なれない彼氏だと、痛いかも?性感マッサージ師が、数ある経験豊富なロストバージンをサポートさせていただき、痛みのないロストバージンを体験して下さい。

■無痛処女喪失・ロストバージン

 どうしても痛いロストバージンは、不安という方。通常のロストバージンとは違う、無痛ロストバージン処方もございます。もちろん通常のロストバージンでも性感マッサージ師の施術ですから、痛みは少なく体験できるのですが、それでも、もっと、本当に痛くないロストバージンをご希望の方には、無痛ロストバージン処方をお試し下さい。

■性感マッサージ

 性感マッサージ師の処方ですから、挿入無しの性感マッサージで、ロストバージンすること無しに、気持ちよさだけ味わうことも出来ます。まだまだ、ロストバージンしたくない、でも、セックスの気持ちよさは、味わいたいという方は、こちらのコースをご選択ください。

■処女喪失・ロストバージン コンサルティング

 ロストバージンが不安だけど、相談する相手がいない
 彼氏には、恥ずかしくて、ロストバージンのことなんか言えない
 まだ、ロストバージンは、したくないけど、誰かと合うのは不安
こんなあなたは、メールでお問合せ
ロストバージンの不安を コンサルティング

処女

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@refletokyo.com

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

ライブチャット パフォーマー募集中

直接ライブチャットへ契約するより20%プラスの報酬をお支払いします。
高収入アルバイトをご希望の方
お問合せください。


エンジェルライブ
マシェリチャット
DMMチャット
チャットピア
ライブチャットジュエル
マダムライブ

オイルマッサージHOME > 女子高生体験告白 > まともに見てしまった 【女子高生体験告白】