私、痛いのが好きなんです 性感エステ 性感オイルマッサージ 女性専用 リフレ

リフレ
性感マッサージ女性専用HOME > 性感マッサージ 体験談 > 性感マッサージ 体験談 > 私、痛いのが好きなんです 女性専用性感エステ 初回体験無料

私、痛いのが好きなんです^^

私、痛いのが好きなんです^^
電話をし、「詩織ですぅ~!!先生、今空いてる?」「ああ、詩織さんです
ね!?大丈夫ですよタップリできますよ~^^」
「んも~、クビから背中が痛いの~。先生、いっぱい揉んで下さい♪」
「いいですよ~!?」
服を脱いでベッドにうつ伏せに。
「ああ、すごい凝りですね、また~!?」
先生の温かい手のひらが肩から背中にかけてさすりながら、凝りを探る。
「あっ、そこ、すんごく痛いの~…」
「痛いですか?これがお仕事なので、失礼^^」
先生はいつもニコニコしながら、詩織が痛いと言うと穏やかな微笑で「失
礼」と言うんです。それがまたSっぽくって、感じてしまうw
肩甲骨に沿って、かなりの凝りがあり、それを指圧される度に「あ…」と、
声が漏れてしまう。
なれた指で痛いところ(凝っているところ)を探る指に身じろぎしながら、与
えられる快感と苦痛で感じてしまう詩織。
「さて、そろそろ性感マッサージにしましょうか?」
「はい…」
既に身体が汗ばむくらい、揉み解された身体は熱い。
「下から施術して行きましょう。」
うつ伏せのふくらはぎから強めのマッサージ。
「あっ!!すごいですぅ~…キタキタ~」
「これは挨拶ですよ?」
太もも、腰、順にマッサージされる度に、息があがってしまう。
「ここが一番凝ってますね?」
肩甲骨沿いの凝りに、次々に。
「あ…ン、先生、そこ、スゴイです…」
「奥まできました?中の方にあるんです、わかりますか??」
「う…ん、あ、感じます…」
「あっ、はぁっ…当たってるぅ~…」
「ふふふ…」
満足したような先生の微笑の前で、汗だくになった体を起こし、最後にまた
手で肩や腕を揉み解す。
「まだ凝りが残ってますね。」
「はい、またすぐ来ますね!?」
…帰って、パンツを見たら、グチョグチョに濡れていて、大変でした。白濁
した液体が、タップリ溜まっていましたw

LinkIcon次のページ

性感エステ 性感オイルマッサージ 体験談集

性感エステ 性感オイルマッサージ リフレ


性感マッサージ リフレ東京 > 性感マッサージ 体験談 > 性感マッサージ 体験談 > 私、痛いのが好きなんです 女性専用性感エステ 初回体験無料

現在の閲覧者数:

性感マッサージ

性感マッサージ
女性専用
リフレ東京


お問合せ

info@refletokyo.com

営業時間
9:00~23:00

東京 神奈川 埼玉 千葉



性感マッサージ 無料体験 女性専用 リフレ東京