レースクイーン 性感エステ 性感オイルマッサージ 女性専用 リフレ

リフレ
性感マッサージ女性専用HOME > 性感マッサージ 体験談 > 性感マッサージ 体験談 > レースクイーン 女性専用性感エステ 初回体験無料

レースクイーン


レースクイーンをしています。先日、レースが開催され、
予選が終わった日の夜の出来事です。私は、他のレースクイーンたち
と夕食を食べ、ホテルの部屋に戻り、シャワーを浴びてテレビを見てくつろいで
たのですが、腰が痛いのに気付き、マッサージを頼む事にしました。
10分程たったあと、白衣を着た見た感じ年齢は40才くらいで背は高く180
センチぐらいあり、体つきもとてもガッチリした男の人が来ました。
私は浴衣を着ていましたが、下着はパンツだけでした。
その先生は、優しい声で「ベッドにうつ伏せになって下さい。」と言われました。
私は、「実はレースクイーンの仕事をしていて、腰がよく痛くなるんです。」
と言うと、先生は「どうりでスタイルがいいんですね。」といいながら、腰の方
を優しい手つきでマッサージしてくれました。とても気持ちが良くなり私はウト
ウトと眠たくなってきた時、先生は「今から、美容に良いローションをお肌に塗ります」と言い、
私は弱く、「お願いします。」と言いました。
先生はカバンからビンに入ったローションを取り出し、「まず背中の方に塗りま
すので、浴衣を脱ぎましょうか。恥ずかしいでしょうからバスタオルをかけとき
ましょうね。」と言い、私はエステに行っている感覚で、パンツだけでうつ伏せ
になりました。先生はまず背中にローションを垂らして、両手で塗っていました。
その後、足にもローションを垂らし、マッサージをしながら塗っていました。
先生は私の足にローションを塗っている時、「さすがレースクイーンの足はとても
きれいですね。カメラを撮る人の気持ちがよくわかりますよ。」と言っていまし
た。そうしてるうちに先生の手つきが何だかHっぽくなってきて、太モモの付け根
のあたりにしつこくローションを塗るようになりました。私は、正直言って気持ちが
良くなり、されるがままの状態でした。
そして先生は、「少し腰を浮かせて。」と言い、うつ伏せの私は言われるとおりに
しました。そうすると今度は先生の両手が、後から太モモの前に伸びてきて、付け
根のギリギリのとこまで指を這わせてきました。
私は、先生の指にだんだん感じてしまい、声を押し殺すのに必死でした。
さらに先生は、「もう少し腰を浮かせて。」と言い私は、感じてるのをばれないよ
うに、普通に「はい」と言って腰を浮かせました。そうすると先生は、また背中に
さっきより多くローションを垂らしてきました。
私の背中に大量のローションを垂らした先生は、また両手で
まんべんなく塗ってきました。そして先生の指先は、後から
回って私の胸のすぐ横まできたのです。それで先生は脇の下
あたりと胸のまわりをローションのついた指で触れるぐらい
のタッチでマッサージしてきたのです。私は、感じてるのを
隠すため、「先生、くすぐったいです。」と言い、先生は、
「美容のためだから、もう少し我慢してね。」と優しく言い
ました。でも、先生の指は時々私の乳首に触れてきたのです。
私の乳首は、あまりの気持ち良さにすぐに固くなってしまい
ました。私は恥ずかしくて、先生に「先生、そこは」と言い
ましたが先生は私の耳元に近づき、「だいじょうぶですよ。」
と言い、私の乳首を両方の指でころがすように触ってきました。
そして先生は、「お腹の方もローションマッサージをします
ので仰向けになりましょうね。」と言いました。
私は、エッとおもいましたが体が感じてしまっていて力が入ら
ず先生に仰向けにさせられてしまいまいた。私は自分の両手で
胸を隠していました。先生はまずお腹にローションを垂らし、
優しくマッサージ。そのあと、「バストにもローションを塗っ
ときましょうね。」と言いました。私はその時、彼氏の顔が浮
かび、心の中で、マッサージでも知らない男の人にこんな事を
されるのはマズイよ、と思いました。でも先生は私の両手を振
りはらって、その瞬間ローションを私の胸に垂らしてきました。
先生は、ローションでヌルヌルになった私の胸を優しくマッサ
ージしてきました、乳首の回りを。もう、私の頭の中は、彼氏
への罪悪感と先生のテクニックの快感でおかしくなりそうでした。
そして先生は、私の乳首を舌で転がし、舐め回してきたのです。
その瞬間、私は彼氏の事を忘れ、我慢できず「アッー、イイーッ!」
と言ってしまったのです。
先生は、「気持ち良かったら、素直に声を出していいんだよ。」
と言いました。その言葉で私は、一気に恥ずかしいあえぎ声を
出すようになりました。先生の舌は、だんだん下に降りていき、
私の太モモを舐め始めました。太モモを愛撫している時、両手
は私の乳房を愛撫していました。私の体は、電流が走ったよう
な快感に襲われました。
先生は、「ローションが下着につくといけないね。」と言いな
がらパンツを脱がそうとしました。
私は、アッと思いましたが力が入らず、全裸にされてしまいま
した。そして先生は、私のオマンコにたっぷりとローションを
注ぎ込み、すぐに舌で愛撫してきたのです。両手の指は、私の
乳首を転がすように愛撫し、舌で私のクリトリスを舐め回し、
あまりの快感に私は、とても大きな声で、「アーッ!!イクー!
いっちゃうー!」と言って、いかされてしまいました。




LinkIcon次のページ

性感エステ 性感オイルマッサージ 体験談集

他の性感エステ店での施術体験談です。
当店の体験談ではありません。

性感エステ 性感オイルマッサージ リフレ


性感マッサージ リフレ東京 > 性感マッサージ 体験談 > 性感マッサージ 体験談 > レースクイーン 女性専用性感エステ 初回体験無料

現在の閲覧者数:

性感マッサージ

性感マッサージ
女性専用
リフレ東京


お問合せ

info@refletokyo.com

営業時間
9:00~23:00

東京 神奈川 埼玉 千葉



性感マッサージ 無料体験 女性専用 リフレ東京