約束3 性感エステ 性感オイルマッサージ 女性専用 リフレ

リフレ
性感マッサージ女性専用HOME > 性感マッサージ 体験談 > 性感マッサージ 体験談 > 約束3 女性専用性感エステ 初回体験無料

約束3

去年、短大を卒業してもう1年と3ヶ月が過ぎようとしています。学生時代から付き合
っていた彼氏とは遠距離恋愛になってしまい、会う事もままなりません。仕事でのストレ
スやら彼氏と会えない寂しさに人恋しくなる事もあります。そんな時、どうしても思い出
してしまうのは性感オイルマッサージでした。肩こりや腰痛もあの日を境にして随分軽いものになり
ました。その日のマッサージに加えて、自分ひとりで簡単に出来るストレッチ体
操がよかったのでしょう。でも、それとは別にもう一度性感オイルマッサージをしてもらいたくって、
仕方がありませんでした。同世代の男性では得られない気持ちの余裕、心を和ませるウィットに富んだ
会話、暖かく包み込んでくれる人となり…。そして、私の《女》の部分を巧みに引き出す
話術と技術。メールでも「僕が必要ならいつでも飛んで行くヨ。」って言ってはくれてますが、
どうしても忙しそうなので遠慮してしまいます。どうしようもなく寂しくなってしまい泣いてしまいま
した。それで、私の正直な気持ちを言いました。「とてもTさんに会いたい。」…と。すると、
「そんな時はすぐに言うんだヨ。それじゃー、今度の土曜日、この前の場所で。」と
話が驚く程容易に進みました。
 そしてその土曜日。時間はこの前と違って夕方です。そしてこの前と違ったのは最初に
行ったのは喫茶店ではなく居酒屋風の飲み屋でした。見た目はそう変わらなかった───
身長も高いし、お腹も出てないし、笑───です。この前が少し緊張している様子でしたが、
今回は初めから親しみ深い笑顔を浮かべていました。居酒屋で
は会話に腹を抱えて笑ってしまいました。それに合わしてお酒の量も進みます。話
が一段落着いた所で「さっ、そろそろ出ようか?!」って言って店を後にしました。
少し酔ってた事もあるのですが、Tさんに自然な形で腕を絡ませました。私はふたりっきりに
なりたかったのですが、上手い口実が見付かりません。それで、私は
「また腰痛がぶり返してしまって…。」と言うと、それを信じたのかどうか分かりません
が、「じゃー、もう一度してあげようか?」って言ってくれました。私は断るは
ずもないのですが、一応「えっ?!ホントにいいんですか?よろしくお願いします。」な
んて少し白々しいと思いながらも言いました。着いたのは、この前と同じホテルでした。
ただ、時間帯が違うのと2回目というので余り恥ずかしくなく入れました。部屋でのマッ
サージの内容はこの前とほとんど同じです。一通りのマッサージを終えると、
息も絶え絶えの私をお風呂に連れて行きました。裸になり一緒に入ります。でも、不思議に
恥ずかしくありません。まるで子供を扱うように私の全てを洗うと、私を床に敷いたマットの
上に寝かしました。何が起こるのかと思っていると、ローションをお湯で薄めているようです。
すると、たっぷりとしたローションがうつ伏せになった私の背中に塗られました。
そして、全身に広げるように手の平全体で擦り付けていきます。
強くもなく弱くもなく微妙なタッチはとても心地よく、私は泥に沈み込むように、うっとりとして来ました。夢と現実との狭間って言うのでしょうか、何かフワフワと身体は軽いのに、
意識だけが深く潜って行くような感じです。ベットの上のマッサージが肉体的な効果があるとしたら、
このマッサージには精神的な癒しの効果があるのでしょう。本当にリラックスが出来、
モヤモヤ感が嘘のように吹き飛んだ思いです。
それと同じに私の身体の芯に潜む《女》の部分が熱くなり始めています。私の喘ぎ声が
風呂場に響きます。その様子を楽しむように、手が私の身体中を這い回り、敏感な所に届いたと思えば、また引き…という動きを繰り返します。
またもや、翻弄されてしまっています。この焦らしも彼氏から受ける1ヶ所を重点的に責める
愛撫よりも感じ方がすごいのです。その内、敏感な部分に触る頻度が多くなって来ました。
胸の横、背筋、お尻、内腿、そしてアナルともっとも感じる所…。普通の場所は指10本の裏表を効果的に這わし、アナルにはたっぷりローションの付いた小指を浅く潜らし、そして女性自身には2本の人差し指が筋に沿って軽く触れるように…。何回ぐらい軽いアクメに達したでしょう。もう耐えられ
ないと思っていた時に、私は仰向けに・・私の全てが晒されています。でも、責める箇所を変えただけと言う顔をして機械的に繰り返すのです。救われた気持ちもありますが、何か物悲しい気持ちにもなったのはどうしてでしょう。背後と違って、今度は責める場所は数少なくなりました。胸とアソコと
腿の附近だけです。ローションの滑りのよさはすごく気持ちいいです。技術(?)
もあるのでしょうが、感じ易い乳首をワザと避けるように胸に指を這わしていたと思え
ば、いきなり弾くように乳首に触ります。お腹を経て、次はアソコだと思えば、そこを迂
回して腿をさするのです。でも、それも長くは続きませんでした、余り焦らすのを可愛そ
うだと思ってくれたのか、私の米粒ほどの芯にローションか私の愛液か分からなくなった
液体を擦り付けながら触り続け、割れ目には1本2本と指を増やしているようです。それ
程時間を要さずに私は大きな波に浚われてしまいました。その後も何回も頂点に達しつ
つ、ほとんど気絶するように深い闇の中に意識を失くしてしまいました。

LinkIcon次のページ

性感エステ 性感オイルマッサージ 体験談集

他の性感エステ店での施術体験談です。
当店の体験談ではありません。

性感エステ 性感オイルマッサージ リフレ


性感マッサージ リフレ東京 > 性感マッサージ 体験談 > 性感マッサージ 体験談 > 約束3 女性専用性感エステ 初回体験無料

現在の閲覧者数:

性感マッサージ

性感マッサージ
女性専用
リフレ東京


お問合せ

info@refletokyo.com

営業時間
9:00~23:00

東京 神奈川 埼玉 千葉



性感マッサージ 無料体験 女性専用 リフレ東京